「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

1週間で効く!自粛明けの再会で「キレイになった?」と言われる表情筋トレ

心と体

stock.adobe.com
 1週間で効く!自粛明けの再会で「キレイになった?」と言われる表情筋トレ

2020.06.08

緊急事態宣言が解除され、少しずつ外出する方も増えてきました。久しぶりの外出や出勤に気分も上がる一方で、自粛期間に肉付きの良くなった顔や体で人に会うことに焦りを感じている方もいるのでは……?
そんなときは少しでも印象を良くするために、顔だけでもスッキリさせたいですね! そこで『1分表情筋トレ』の著者で表情筋トレーナーの石川時子先生に、短期間で効果のある表情筋トレーニングの方法を伺いました。これであなたもスッキリ小顔になれるかも!

顔をスッキリさせるために最も効く表情筋トレはこの2つ!

【ウォーミングアップの行い方】
1、口角を右に引き上げながら頬も右に引き上げます(5秒)。
2、口をもとの位置に戻します(5秒)。

3、口角を左に引き上げながら、頬も左に引き上げます(5秒)。
4、口をもとの位置に戻します(5秒)。

5、アルファべットの「O」の口にします(5秒)。
6、口を閉じてもとの位置に戻します(5秒)。

【フェイスラインをシャープにする表情筋トレの行い方】
1、姿勢を正して鏡を持ち、顔を上の方に向けます(5秒)。

2、受け口にして、唇を横に引きます(5秒)。
3、そのままキープ(5秒)。
4、口を閉じながら、ゆっくり顔をもとの位置に戻します(5秒)。

人と会うときに最も見られる顔。その顔がスッキリすると全体的な印象も変わるはず。表情筋トレーナーの石川先生に、最短で効果のある表情筋トレを教えていただきました。

まずはウォーミングアップ!顔全体の筋肉を動かそう


石川先生いわく、日本人は表情筋の2〜3割程度しか使っていないのだそう。表情筋トレでは今まで動かしていない7〜8割の筋肉も動かしていくため、まずは顔全体の筋肉を動かし、ウォーミングアップする必要があるそうです。
まずは口まわりの筋肉を左右に動かすことから始めましょう! ウォーミングアップを行う際には姿勢を正し、鏡が真正面になるよう、手に持って行ってみてくださいね! 

【ウォーミングアップの行い方】
1、口角を右に引き上げながら頬も右に引き上げます(5秒)。
2、口をもとの位置に戻します(5秒)。
3、口角を左に引き上げながら、頬も左に引き上げます(5秒)。
4、口をもとの位置に戻します(5秒)。
5、アルファべットの「O」の口にします(5秒)。
6、口を閉じてもとの位置に戻します(5秒)。

すべての動きを、5秒間を意識してしっかり動かすことがポイント。1と3は、ひょっとこのような顔を意識してみましょう! 全部で30秒の工程を2セット行うことが目標です。

フェイスラインのたるみを撃退!あごから頬にかけての輪郭をシャープに


顔の印象が大きく変わるフェイスライン。顔のたるみを鍛えることでフェイスラインがスッキリし、シャープな印象を与えることができます。石川先生によると、フェイスラインのたるみは、あごから頬にかけての表情筋のゆるみや衰えからくるとのこと。「顎ニ腹筋(がくにふくきん)」という部分を鍛えて、短期間でフェイスラインをシャープにしましょう!

【フェイスラインをシャープにする表情筋トレの行い方】
1、姿勢を正して鏡を持ち、顔を上の方に向けます(5秒)。
2、受け口にして、唇を横に引きます(5秒)。
3、そのままキープ(5秒)。
4、口を閉じながら、ゆっくり顔をもとの位置に戻します(5秒)。

石川先生の教える表情筋トレでは、ゆっくり時間をかけて顔の筋肉を動かすことが大切。簡単な動きでも、5秒間を意識してしっかり動かしてくださいね。こちらは20秒を3セット行いましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 


著者

mamiWaka

mamiWaka

語学系出版社でワーキングマザーを経て、現在はフリーのライター・編集者。分かりやすく読みやすい、役立つ記事を目指しています。