暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

saitaPULS編集部

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。
例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。

常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

母親だから・女性だから「やらないといけない?」

勝間さん(以下、勝間):真木子さんは、海外での暮らしも長いので、日本の女性の家事事情について海外との違いを感じることも多いのではありませんか?

川村さん(以下、川村):それはすごく感じますよ。日本では「母親だから」という呪縛が強いように感じます。「母親だから掃除をしないといけない」「母親らしくしていないといけない」という呪縛です。

勝間:確かにそうですね。マッキンゼーに勤めていた20代の時、香港に住む同僚に、私が自分で家事をしていることを話したら心底驚かれました。「なぜお手伝いさんを雇わないの?」って。海外の人にとっては、家事を人に頼むことが当たり前のことだったんですね。
同年代でお手伝いさんを雇う人が身近にいないこともあって、私にはその発想がまったくなかったんですよね。

川村:そう!自分の母親や、周りが「自分でやりすぎて」いるから、「家事は他の人を雇ってやってもらう」という発想がないんですよね!
海外ではシンガポールや香港やアメリカ人の同僚たちは当たり前のように家事をアウトソースしてしている。改めて、日本人のする家事って負担が大きいと思いました。例えば料理ひとつとってもそうです。

時間をかけておかずを何種類も作ったり、子どもの毎日のお弁当作りに凝るあまり、ただのお弁当がアート化していたり。
ごはんやお弁当を手作りして、何品も作って、賞賛されるどころか、それをしないと母親失格みたいな空気すらあるように感じます。
そういう負担が日本の女性の社会進出を難しくしたり、そもそもチャレンジすることが難しく感じたりする理由になっているんじゃないですかね。

勝間:しかも手作りの凝ったごはんに片付いた部屋、毎日の洗濯が女性にとっても「当たり前」になってしまっているから、できないと自分を責めてしまったりしてね。

  • 1
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

絶対に試したくなる。桃の皮を一瞬でツルっと簡単にむく裏ワザ

桃の皮をむくときに、包丁だと実が皮についてしまってもったいない。 そして綺麗に皮がむけなくて、困っていることってありませんか? でも、気持ちいいいくらいするっと桃の皮をむく裏技があったんです。 筆者も試してみました。

3

【料理の裏ワザ】湿気で固まった「塩」や「砂糖」が驚くほどサラッサラに復活する!

塩と砂糖は家庭に欠かせない調味料ですが時間が経つと湿気でガチガチに固まって、使いにくいなと困った経験はありませんか? 今回は、あるアイテムを使ってサラサラの状態に戻すことのできる裏ワザをご紹介します。

4

老後に2000万円貯めるには?40代のうちに知りたい女性のお金の基本4つのポイント

家計簿&家計管理アドバイザーのあきです。 皆さんにとってお金とはどんなものですか?上手に付き合えている人もいればうまく付き合えていない人もいるのでは?実は、お金というのはお金の基本を知っているのと知らないのでは老後に雲泥の差がつくんです! 特に「女性とお金の付き合い方」については、知っておいて損はありません。 お金の教養が身につく総合マネースクールのファイナンシャルアカデミーの『お金の教養講座 for woman』山本麗子先生に聞いた「女性のためのお金の教養」をもとに、「女性とお金の付き合い方」をご紹介します。老後資金のため方についてもお伝えしていきます。

5

ハッカ油広報担当者に聞いた!ハッカ油が万能な理由|熱帯夜に試したい、バスタイム~就寝時の活用法

ハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらっています。 第1回目は「猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方について」 今回は、バスタイムから就寝までのあいだにおすすめの使い方をご紹介します。 スーッとした清涼感で、寝苦しい夏の夜を乗りきりましょう!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP