「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【週末に仕込むあったかご飯の作り置き】クリスマスディナーに使える重ね煮

料理・グルメ

 里芋の重ね煮

2020.12.12

今週は里いもとかぶを使ったとろとろ重ね煮。寒さが厳しくなってきた年末に、心身をほっこり温めるメニューです。小麦粉もバターも使わずに里いものとろみと白みその甘いコクでシチューを作り、グラタンにも簡単アレンジ。 2020年のクリスマスは平日ですが、これさえあればばっちりですね。 ポイントはかぶの葉っぱ。甘い香りと食感がプラスされ、シンプルだけど調和の取れた奥深い味わいになります。 この重ね煮をストックして、忙しい年末やクリスマスでも楽々の一品を用意していきましょう。

 里いもとかぶのとろとろ重ね煮

【材料】

  • にんじん‥‥‥‥‥ 80g     いちょう切り
  • 里いも‥‥‥‥‥‥ 300g  皮をむき一口
  • かぶ‥‥‥‥‥‥‥  200g  くし切り
  • かぶの葉っぱ‥‥100g  みじん切り
  • きのこ‥‥‥‥‥‥ 150g     2.3mmスライス
  • (えのきを使うときは、ほぐして1/2カット)
  • 差し水‥‥‥‥‥‥‥50cc
     ※たっぷり作りたい時は倍量以上で作ってください。

【作り方】

  1. 鍋にひとつまみの塩を振り、写真を参考に、きのこ、かぶの葉っぱ、かぶ、里いも、にんじんの順番で重ね、上にもひとつまみ塩をしてから極弱火でゆっくり火を入れます。
  2. いい香りが立ってきてにんじんに火が入り、里いもが串が通るくらいに柔らかくなったら火を止めて、優しくかき混ぜます。
    ※タッパー等に移して、冷めたら冷蔵庫で保存できますよ!詳しい作り方とアレンジ方法は「重ね煮基本のキ」でチェックしてください。

 

美味しくするワンポイント
 

かぶの葉っぱを入れることで香りと甘みが増し、味のアクセントになります。葉っぱがない場合はかぶだけでも大丈夫です。
 

重ね煮アレンジ① 里芋とかぶの豆乳みそシチュー

 

里いものとろみと白みそで、小麦粉もバターも使わずにコクのあるシチューがすぐ出来ます。

【材料2人分】

  • 重ね煮‥‥‥‥‥‥200g
  • 豆乳‥‥‥‥‥‥‥ 200ml
    (調味料)
  • 白みそ‥‥‥‥‥‥大さじ1~大さじ1 1/2
    (無ければ普通のみそ)
  • 白ごまペースト‥‥小さじ1
  • こしょう‥‥‥‥‥少々


【作り方】

  1. 鍋に豆乳と調味料を入れ、中弱火でよく溶かします。
  2. 重ね煮を入れて、とろみがつくまでさっと煮込みます。
  3. こしょうを振って頂きます。

重ねにアレンジ② 里芋とかぶのグラタン

里芋の重ね煮レシピ

シチューをオーブンで焼けばグラタンに。アレンジの幅が広がります。

【材料2人分】

  • アレンジ①のシチュー‥‥‥適量
  • ブロッコリー‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4個 茹で

(調味料)

  • チーズ‥‥‥‥‥‥適量
  • パン粉‥‥‥‥‥  適量
  • こしょう‥‥‥‥ 少々

【作り方】

  1. 耐熱容器にアレンジ①で作ったシチューを入れ、茹でたブロッコリーをのせます。
  2. チーズとパン粉をお好みの量ふりかけ、こしょうをします。
  3. 250°位のオーブンか魚焼きグリルで10~12分くらいこんがりと焼いて出来上がり。
    (魚焼きグリルで焼く時はアルミホイル等で覆ってください。)

重ね煮アレンジ③ 里いもといかの煮物

 

野菜はすでに重ね煮しているので、さっと煮込むだけでしみしみの煮付けに。

【材料2人分】

  • 重ね煮‥‥‥‥‥‥250g
  • いか‥‥‥‥‥‥‥ 150~200g

(ボイルでもOK)

(調味料)

  • しょうゆ‥‥‥‥‥大さじ1
  • 酒‥‥‥‥‥‥‥      大さじ1
  • みりん‥‥‥‥‥‥ 大さじ2
  • 水‥‥‥‥‥‥‥‥    150ml


【作り方】

  1. 鍋に調味料を入れ、いかを軽く煮る。
    (ボイルのいかは煮なくてOK)
  2. いかを取り出し、重ね煮を入れ里いもがトロッとするまで数分煮る。
  3. いかを戻し入れ、汁気を軽く飛ばして煮付けて出来上がり。
    (ボイルのいかはこの時入れる。)
  4. 一度冷ますと味がより染みて美味しいです。

まとめ

年末年始は濃い食事や重い料理が増えてきますので、少し胃を休めながら食物繊維をたっぷり取っていきたいですね。こってりしがちなシチューやグラタンも、重ね煮の旨味とみその力で、低カロリーでありながら満足いく味に仕満足いく味に仕上がります。食後の軽さが違いますね。心身もほっとしてゆるむ重ね煮のテイストを、食卓の中に是非取り入れてみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

山田 直

山田 直

神奈川の写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。 後に、オーガニックレストランのキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさに深く感動。学びを深める。 現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、WSにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。