「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【クイズ】化粧品と医薬部外品コスメの違い、わかる?#40代の新常識向上委員会

カルチャー

 クイズ 化粧品 医薬部外品

2020.12.13

当たり前に使っていた言葉や、自分の中で疑うことのなかった常識が、もし間違っていたとしたら……。悲しいかな、恥をかくだけ。40代の大人には、もう誰も親切に指摘してくれません。だからこそ、「40代にありがち」「今さら聞けない」「もしかして時代遅れ!?」な常識をあなたに変わって徹底調査! 最新の大人のマナーや常識をアップデートしていきます。

【質問】化粧品と医薬部外品の違いは?

クイズ

【答え】成分の効能が期待できるのが、医薬部外品

スキンケアを選ぶとき、化粧品なのか医薬部外品(=薬用化粧品)なのか、迷ったことありませんか? 日本ではこの2つは明確に違うものだと区別されています。

化粧品……体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布するもので、効果が緩和なもの。

医薬部外品……厚生労働省が特定の肌効果を承認し、配合された有効成分による効果が期待できるもの。

だから、「シミ」対策のためにコスメを選びたいなら、断然「医薬部外品」がおすすめです。購入の際は、ぜひその成分表記をチェックしてみてください。有効成分の名称とその効能が、ちゃんと明記されています。薬用化粧品の効能の種類としては、「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」のほかに「肌荒れ・荒れ性」「ニキビを防ぐ」などが多いようです。

とは言え、「化粧品」にまったく効果がない、というわけではありません。肌に必要な保湿成分や新成分は、一般化粧品にもたくさん配合されています。また、香りやテクスチャーなど、化粧品は五感に訴え女性をより魅力的に仕上げてくれます。

文/池田ゆき

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア