「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【クイズ】魚の3枚おろし、さて何人分できる? #40代の新常識向上委員会

料理・グルメ

 【クイズ】魚の3枚おろし、さて何人分できる? #40代の新常識向上委員会

2020.11.08

当たり前に使っていた言葉や、自分の中で疑うことのなかった常識が、もし間違っていたとしたら……。

悲しいかな、恥をかくだけ。40代の大人には、もう誰も親切に指摘してくれません。だからこそ、「40代にありがち」「今さら聞けない」「もしかして時代遅れ!?」な常識をあなたに変わって徹底調査! 

最新の大人のマナーや常識をアップデートしていきましょう!

答え「2人分+骨つきの身」

出典:stock.adobe.com

「3枚におろす」というのだから、確かに魚を捌いたあとのまな板には、元は一匹の魚が3枚に分かれています。でも、焼き魚や煮魚として食べられるのは、2切れだけ!
残った1切れはというと……骨なんです。もちろん、食べることはできますが、他の2切れと比べたら、身の部分がとても少ないので、調理に工夫が必要です。
「3枚おろしは、2人分」これを知っていれば、お魚屋さんやスーパー、または素敵な海鮮料理の店で、恥をかかずにすみますね。
また、実は「三枚おろし」との違いを説明できない人が多いのが「魚の開き」。開きは、その名の通り1匹の魚を骨をつけたまま、半分に開いた状態のことなので、完成形は1枚。基本的は1人分です。

 

文/池田ゆき

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア

この連載の他の記事

【40代の新常識向上委員会】もしかして間違ってる!? 自分の知識をアップデート! 

この連載の記事一覧へ