「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【クイズ】「立ち居振る舞い」「立ち振る舞い」どっちが正しい?#40代の新常識向上委員会

カルチャー

 【クイズ】「立ち居振る舞い」「立ち振る舞い」どっちが正しい?#40代の新常識向上委員会

2020.12.27

当たり前に使っていた言葉や、自分の中で疑うことのなかった常識が、もし間違っていたとしたら……。悲しいかな、恥をかくだけ。40代の大人には、もう誰も親切に指摘してくれません。だからこそ、「40代にありがち」「今さら聞けない」「もしかして時代遅れ!?」な常識をあなたに変わって徹底調査! 最新の大人のマナーや常識をアップデートしていきます。

【クイズ】「立ち居振る舞い」「立ち振る舞い」どっちが正しい?

立ち振る舞い 立ち居振る舞い

答え「ほぼ、どちらも正しい」

両方とも「立ったり座ったりの身のこなし。日常の動作」と意味。多くの辞書では「『立ち居振る舞い』の意味は『立ち振る舞い』と同じ』 と解説がついています。

ではなぜ、混乱する人がいるのかというと、別の一部の辞書では「二つの意味は違う」という解説がついているからなんです。正直、どちらが正しいのか、という明確な根拠はないので、本当の答えは永遠に見つからないでしょう。

ただ、saitaPULS編集部としては、周りの人にアンケートを取ると、多くの人が「同じ意味」と認識しているので、どちらも正しいという判断をしました。

今まで「立ち振る舞い」が正しいと信じていた人にとって、会話の中で「あの人の、立ち居振る舞いがさ~」などという発言を聞くと、「今の、え!?」と心がザワつくことがあったと思います。でもこれからは大丈夫! どちらも正しいので、楽しい会話に集中できそうです。

文/池田ゆき

 

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア

この連載の他の記事

【40代の新常識向上委員会】もしかして間違ってる!? 自分の知識をアップデート! 

この連載の記事一覧へ