「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「愛は捧げるだけのもの」愛の意味を改めて考えたくなる『ウシガエルはもうカエル。』公開記念生配信レポート

カルチャー

 ウシガエルはもうカエル。生配信レポート

2020.12.25

YouTubeアニメ『ウシガエルはもうカエル。』が、2020年12月20日(日)18時に公開になりました。 「子どもに挨拶の大切さを、大人には"愛は捧げるだけ"の意味を、15年後の子どもに"愛"を受け取るキッカケを」。生きていくうえで大切にしたい、たくさんのメッセージが込められたこの作品の本編公開を記念して、12月19日(土)に、企画・原案のおかもとまり、脚本担当の石田明(NON STYLE)、ナレーション担当の斎藤工、ウシガエルの声を担当した中川翔子ことしょこたん、冨田佳輔、恋香楼(こころ)という豪華メンバーが勢ぞろいした生配信が実現しました。

目次

『ウシガエルはもうカエル。』に込められた想いに賛同したメンバー、一堂に会す!
おかもとまりさんからの「直メッセージ」でオファー
キャストメンバーの想い
ナレーション:斎藤工さん
ウシガエルくん役:中川翔子さん
脚本:石田明(NON STYLE)さん
キャラクターデザイン、りっちゃんのパパ&トリさん:冨田佳輔さん
キャストたちの心を動かしたおかもとまりさんの想い
YouTubeアニメ『ウシガエルは、もうカエル。』12月20日 本編公開スタート!

『ウシガエルはもうカエル。』に込められた想いに賛同したメンバー、一堂に会す!

このアニメの原案を考え、企画した元ものまねタレントのおかもとまりさん。ご自身の精神病棟での3ヶ月の入院をキッカケに気付いた「愛は捧げるだけのもの」という信念を、 ウシガエルと病気のりっちゃん、その家族で描いていくYouTubeアニメ『ウシガエルはもうカエル。』が2020年12月20日(日)18時~公開されました。

ウシガエルはもうカエル。

このアニメ、内容はさることながら脚本は石田明(NON STYLE)さん、ナレーションは斎藤工さんという豪華さ。ウシガエル役の中川翔子さん、りっちゃん役の恋香楼(こころ)さん、りっちゃんのパパ役の冨田佳輔さん他、みな、このアニメの企画・原案を聞いてその想いに賛同したメンバーが出演しています。

アニメのアフレコは、別々に行ったということで、このメンバーが一堂に会したのはこの公開前日特別生配信の日が初めて。原案・企画のおかもとまりさんからの直接オファーを受けたというキャストたちが、この作品に参加することに決めた理由や、作品を通して感じたことについて、たっぷり1時間の生配信で語られました。

おかもとまりさんからの「直メッセージ」でオファー

脚本を担当した石田さんはTwitterのDMで、しょこたんはLINEで、恋香楼ちゃんはInstagramからそれぞれおかもとさんのオファーを受けたというキャスティング秘話には、キャストたちも「すごい!」と驚いた様子。

おかもとまりさんがこの作品に掛ける意気込みが伝わってくるエピソードです。
その熱い想いに賛同した皆さん、それぞれのオファーを受けた時やアフレコ時の思い出などを生配信では聞くことができました。

キャストメンバーの想い

ナレーション:斎藤工さん

斎藤工さん

映画館が少なくなっている町に映画を届ける「シネマバード」の活動をしている斎藤工さん。
「今回、このプロジェクトの話を聞いて応援したいなという気持ちと、おかもとさんの心根の部分に賛同して、完成したものを日本のみながら世界中の子どもたちに届けるお手伝いができたらと思っていました。その話の流れでナレーションをやってほしいというオファーもいただきました。他の方もそうですが、それぞれの日頃の活動を見て、その想いを汲み取ってキャスティングをしていただいてるんだなと思い、嬉しかったですね」

ウシガエルくん役:中川翔子さん

中川翔子さん

主役であるウシガエルの声を担当した中川翔子さんことしょこたんは、「これまで、声のお仕事自体はたくさんやらせてもらっていますが、今回は、命のきらめきとか、子どもたちが繰り返し見てくれたら、大人になったときにじわじわわかっていく深いテーマになっているので、無邪気に演じるだけではいけないなというところと、考えすぎてもいけないし……と、すごく難しいなと感じました」と、主役であるウシガエルを演じる前に感じていた悩みを明かしていました。

難しいと感じていたというしょこたんですが、実際は、アフレコがスタートした瞬間に「みんなが腰を抜かすほど素晴らしかった」と、おかもとまりさんは大絶賛! イメージ通りというよりも、それ以上だった様子でした。

脚本:石田明(NON STYLE)さん

石田明さん

脚本を担当した石田さんは、「この物語のテーマは愛。愛は捧げるもの。捧げるからこそ捧げ返してもらえるのかなと思っているし、まさに、それがこのキャストの中で成立していますよね。おかもとまりの愛がいろんな人に伝わって、これが実現しているのかなと思っている」と、このメンバーを集めたおかもとまりさんの熱い気持ちに賛同したメンバーの気持ちを代弁していました。

キャラクターデザイン、りっちゃんのパパ&トリさん:冨田佳輔さん

冨田佳輔さん

今回声優初挑戦となった冨田佳輔さんは、キャラクターデザインも担当。
「もともと絵が好きで、今回はキャラクターデザインとイラストのオファーをいただいたのですが、作品を作る中で2役の声優も担当することになりました。声を分けるというのがすごく難しかったけど、おかもとさんからイメージを伝えてもらったので、そのイメージで演じました」と、イラストと声優を担当したことについての感想を語りました。

キャストたちの心を動かしたおかもとまりさんの想い

豪華すぎるキャストたちが参加を決めた理由は、「愛は捧げるだけのもの」というメッセージをどうしても伝えたい!という、おかもとまりさんの作品に込められた想い。その想いがキャストたちの心を動かしたことで、この作品は完成しました。

2020年12月20日にYouTubeアニメとして公開をスタートした『ウシガエルはもうカエル。』。今後は「YouTubeだけでなく、たくさんの人に手に取ってもらえるよう」絵本化を目指しているといいます。

『ウシガエルはもうカエル。』というタイトルや、「絵本」と聞くと「かわいい子どものためのお話」と想像するかもしれません。
しかし、この作品は子どもだけではなく、大人にとっても大いに感じるものがあります。この物語に込められた深いメッセージを、ぜひYouTubeチャンネルでまずは見て、感じてみてください。

関連記事:おかもとまり×石田明(NON STYLE)スペシャル対談 『与えることで優しくなれるということ』

YouTubeアニメ『ウシガエルは、もうカエル。』12月20日 本編公開スタート!

子どもには挨拶の大切さを、大人には"愛は捧げるだけ"の意味を、15年後の子どもに"愛"を受け取るキッカケを……
クリスマスや年末年始の家族タイムに、ぜひ大切な人と一緒に観てくださいね。

『ウシガエルは、もうカエル』公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC6VKbZoR9aeZZj5ZHr5nu2A/

今回記事でご紹介した公開前日生放送のアーカイブや、それぞれのキャストの単独インタビューも必見です。

キャスト:中川翔子・恋香楼(こころ)・冨田佳輔・斎藤工  他
脚本:石田明 (NON STYLE)
原案・企画:おかもとまり

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

上原かほり

上原かほり

フリーライター歴10年。読んだ人の心にふわっとした空気が流れるような記事や情報をお届けできるよう心がけています。

この記事をシェア