「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

メイクのマンネリから脱却!アラフォーでもなじむ「赤みアイメイク」

心と体

 赤みアイメイク

2021.10.07

ブラウンと同じくらい定番になった赤系アイシャドウ。ところが、なんとなく抵抗があったり、似合わないと思ってチャレンジできない人も多いのではないでしょうか。今回は、プチプラ(2500円以下)で使いやすいアイシャドウの紹介とともに、はれぼったくならない塗り方を紹介したいと思います。

アラフォー女性にも似合う!赤系アイシャドウの塗り方

赤系のアイシャドウを使ったメイク。韓国ドラマの影響もあり、もはや定番になりましたよね。
しかし、はれぼったくなるので避けているという方が多いのではないでしょうか。

たしかに、二重幅全部に赤みがあるアイシャドウを塗ると腫れぼったい目元になってしまうかもしれません。
そんなときは、目頭と目尻にポンポンと置いてみてください。結構主張がある色なので、ポイント使いだけで充分です。

あとは、アイライナーは必須!
おすすめはネイビーのアイライナーです。

ネイビー

赤と反対色の青みを加えることで、スッキリとした印象の目元になり、白目もキレイにみえるという利点があります。

キャンメイク ジューシーピュアアイズ12

赤系のアイシャドウといっても沢山のブランドから出ているので迷ってしまいませんか?
今回は、手に取りやすい価格で気軽に買える3つをご紹介していきます。

まずは、プチプラコスメの代表格、キャンメイク。

キャンメイク

その中でおすすめなのが、ジューシーピュアアイズ12番(チャイティーローズ)です。

  • 使い方
  1. Aをアイホール全体に塗る
  2. Bを指の腹を使い、目頭と目尻に塗る。
  3. Cを黒目の上と涙袋に塗る。

パレットキャンメイク

3色パレットなので、これ一つで簡単にアイメイクが完成します。
メインになるAのピンクはパール感が上品なので、アラフォーの私たちにもすんなりなじみます。

パレットキャンメイク

ラメ感が好きな方は、Cを重ね塗りしてもいいのではないでしょうか。

また、何といってもうれしいのが価格! 税込660円ですよ!
赤系のアイシャドウが初めてという方は手に取りやすい価格なので試してみてはいかがでしょうか。

ミシャ グリッタープリズムシャドウ GRD02 

続いては、韓国コスメのミシャからグリッタープリズムシャドウ GRD02(ドライローズプリズム)です。

ミシャ

ミシャと言えば、韓国コスメの代表的ブランド。クッションファンデやBBクリーム、ラメアイシャドウの元祖といっても過言ではありません。

韓国コスメらしく、今回ご紹介するアイシャドウの中で一番赤みとラメ感があるタイプです。
ご覧の通り、赤系といっても深い赤、ピンク、シルバーとさまざまな色がプレストしてあります。

ミシャ見本

一見して派手な感じがするかもしれませんが、肌にのせると細かく折り重なったラメが輝き、かなり上品な目元になります。
赤一色ではないので肌なじみがよく、手持ちのベージュ系のアイシャドウと重ねるとグラデーションも簡単につくれます。

公式サイトやロフトやプラザなど比較的手軽に購入できるのもうれしいポイント。税込1,320円です。

to/one(トーン) ペタルアイシャドウ

最後は、オーガニックコスメブランドのto/one(トーン)からペタルアイシャドウ29番です。

トーン

今回ご紹介する3つの中では一番柔らかい発色で、「ラメ系のアイシャドウは苦手」という方におすすめです。

といっても、かなり繊細なラメは入っており、目元を明るく見せてくれます。
ピンクをアイホール全体に塗ったあと、濃い赤を二重幅に塗ります。
薄づきなので、こちらは二重幅全体に塗っても腫れぼったい印象になりません。

トーン色出し

お値段は、税込2,420円。コスメキチンやビープルバイコスメキッチンで購入できます。

  • ワンポイントアドバイス

赤系のアイシャドウを塗った時は、眉毛も色をそろえるとあか抜けて見えます!
いつものアイブロウの最後に、こちらの濃い方の赤をブラシでふわっとのせると、メイクに統一感ができますよ。

アイブロウ

写真上がいつものアイブロウのみ、下が赤アイシャドウを重ねています。
こうして見ると、結構違いが分かるのではないでしょうか。このひと手間で印象がかなり変わってきますよ。

ブラウンメイクに飽きたら赤系アイシャドウ!

昨年大ヒットした、赤系アイシャドウを使った韓国メイク(通称:ドファサルメイク)。
アラフォーの私たちにはハードルが高く思った方もいるかもしれませんが、ポイントを押さえれば日常的に楽しめます。

いつものメイクにマンネリを感じたらぜひ試してみてくださいね!


著者

akiko ライター

akiko

美容ライター。ナチュラルオーガニックコスメからデパコス、プチプラコスメ、美容医療まで実際自分が試してよかったものだけをリアルに情報発信。私生活では小学生男子2人の母として奮闘中。