「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「最初は“俳優になりたい!”と思っていなかった」上野樹里さんに聞いた"夫婦の家事事情”と"俳優業”

カルチャー

www.netflix.com
 「ヒヤマケンタロウの妊娠」上野樹里インタビュー

2022.04.19

Netflixとテレビ東京が共同企画・製作したNetflixシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」(2022年4月21日より独占配信)は、自分が妊娠するとは予想もしていなかった男性が妊娠したことによって起こる恋人同士の関係性の変化や、社会との関わりについて描いたユニークなドラマです。 上野さん演じるのは、フリーライター兼エディターとして活躍する瀬戸亜季。パートナーの桧山健太郎(斎藤工)が妊娠をしたことをきっかけに、家族、結婚、子供について改めて考え、葛藤しながらも、桧山と共に成長していくという役どころ。 上野さんに、演じる瀬戸亜季のキャラクターやドラマの面白さ&ご自身のライフスタイルや俳優としての生き方についてお話しを聞きました。

結婚や子育てに後ろ向きなヒロインの変化を描く

上野樹里さんインタビュー出典:www.netflix.com「ヒヤマケンタロウの妊娠」について熱く語ってくれた上野樹里さん

―「ヒヤマケンタロウの妊娠」で上野さんが演じる瀬戸亜季のキャラクターは、上野さん自身が脚本作りにも参加して、スタッフと一緒に作り上げていったと伺っています。亜季のキャラクターについて教えてください。

上野樹里さん(以下、上野さん)

「原作漫画には数人の女性が登場するのですが、亜季はその一人です。姉御肌で気の強い女性なのですが、それほど細かくキャラクター設定がされているわけではなかったので、スタッフと一緒にしっかりキャラクターを作っていかなくては!と思いました。

桧山にとって、亜季は一緒にいると楽しくて、落ち着いて過ごせるパートナー。でも亜季自身は、親から「早く結婚しなさい」「フリーランスの仕事なんて大丈夫なの?」と言われ続け、親に対してネガティブな感情を抱えています。自分も結婚して、子供を持ったら、こういう親になるのではないかと思っていて、結婚や家族を持つことついて、前向きになれない女性です。

ヒヤマケンタロウの妊娠出典:www.netflix.com©坂井恵理/講談社/©テレビ東京

―なるほど。でも桧山が妊娠したことで亜紀にも変化があらわれるのですね。

上野さん

「そうですね。桧山が妊娠してから、子供を持つことについて考えざるを得なくなるんですよ。やっぱり命を前にしたら変わっていかなくてはなりませんから。だから、私は、パートナーが妊娠したときや、子育てを目の前にした心境を亜季の言葉で表現して、ドラマを観てくださる方に共感していただきたいと思いましたし、桧山に対しても、亜季の言葉で、彼が救われたり、納得できればいいなと。そんな風に考えながら、スタッフと一緒に考えて出来上がったのが、このドラマの瀬戸亜季というキャラクターです。原作を大きく膨らませた人物になりました」

斎藤工さんはリアリティを追求する俳優

ヒヤマケンタロウの妊娠出典:www.netflix.com©坂井恵理/講談社/©テレビ東京

―女性は、自分が妊娠したとき、お腹の子の父親である男性が何を考えているのか本音はわからないですよね。でもこのドラマはその状況が反転しているので、亜季を演じた上野さんは、パートナーが妊娠したときの男性の気持ちが理解できたのではないですか?

上野さん

「自分は身ごもっていないから、実感がわかないという気持ちは理解できました。思わず『私の子なの?』って言っちゃいますし。傷つけるつもりじゃないのに、つい言っちゃうものなのですね。

また亜季は良かれと思って『一緒に育てよう』って言うんですが、桧山は、つわりが辛くて、仕事がうまく回らなくなったり、子供を育てることは大きな責任が伴うと考えて『そんな簡単なことじゃない』と思っているんですね。

桧山のそんな姿を見て、子供を育てることについて改めて深く考えたり、妊娠している彼をどこまで支えられるか、思いやれるかと、新たな気持ちが芽生えてきたり……。桧山も亜季も人間としての器が大きくなっていくので、パートナーの妊娠は人をこんなにも成長させるんだと思いました」

―桧山を演じる斎藤工さんと共演した感想を聞かせてください。

上野さん

「斎藤さんは「ヒヤマケンタロウの妊娠」と設定が似ている海外の映画を観て撮影に臨んでいました。また妊娠している役なので、お腹を大きく見せるために使用しているシリコンの重みを変化させていって、妊婦さんと同じように重心の変化をリアルに体感できるように工夫されていましたね。すごくリアリティを追求する役者さんでした」

夫婦で効率よく家事を回しています!

上野樹里さん出典:www.netflix.com家庭での家事の分担についてお話ししてくれました

―saitaの読者には共働きのご夫婦も多いのですが、上野さんのところも共働きですよね(ご主人はTRICERATOPSの和田唱さん)。ご夫婦で決めたルールはありますか?家事の分担とか。

上野さん

「忙しいときに、ひとりで家事をいろいろやるのは無理なので、私が連続ドラマの撮影に入っているときは、夫がスープを作ってくれたり、洗い物を食洗器に入れてくれたり、洗濯してくれたりしています。逆に夫がライブで忙しいときは、私が身の回りのことをやったり。明確なルールはないのですが、お互いの仕事のバランスを見ながらやっていますね。

結婚当初は、朝からご飯を炊いて、おにぎり作ったりしていたのですが、だんだんシンプルに効率よくやる方法を覚えていきました。夕べの残りのご飯や作り置きのおかずを使ってお弁当にして、仕事に持っていくこともあります。以前は、段取りに手間取っていたけれど、時間のない中で大事なことをササっとやる方法を夫婦で学んでいったんだと思います」

―無理なくできるようになっていったのですね。

上野さん

「でも、いつもキレイなキッチンやお部屋を維持するのって大変なことですよね。例えば、うちはペットがいるのですが、動物の毛がお部屋にいっぱい落ちるから掃除機をかけないとキレイな部屋を維持できない。それを女性がすべてやっていたら、男性は“なぜ、いつも部屋がキレイなのか”ということに気づかないだろうなって。

昔のお父さんは、妻に先立たれたら、なにがどこにあるのはわからない!というじゃないですか(笑)。でも、今は夫婦で家事を協力してやる時代になってきたので、生活のバランスがだいぶいい方向へと変化してきていると感じます」

人を楽しませることができる俳優を続けていきたい

ヒヤマケンタロウの妊娠出典:www.netflix.com©坂井恵理/講談社/©テレビ東京

―上野さんの俳優のキャリアについて伺いたいのですが、デビューしてから常に第一線で活躍していますが、上野さんの人生の中でいまのお仕事はすべてでしょうか。お仕事との向き合い方を教えてください。

上野さん

「私はもともと“俳優になりたい!”と思って演技の仕事をすることになったわけではなく、自分が会社員として通勤する姿が想像できなかったんです(笑)。でも、漠然と“人を楽しませる職業なら楽しくできそう”と思っていました。

例えば、学生の頃、授業は眠くなっちゃうけど(笑)、文化祭、体育祭などのイベントはすごく楽しかったんです。イベントはみんなが集まって知恵を出し合い、協力しあって、一つの目標に向かって頑張るのがいいなあと。そんな毎日が過ごせたら楽しいだろうと思っていました。そしたらご縁があって、お芝居のお仕事を始めることになりました。

自分から、俳優になるために行動に移したというより、周りの方に俳優にしていただいたと思っています。目の前のことを一生懸命やっていたら、お仕事の依頼をいただいたり、皆さんに応援していただいたりするようになり、今も続けていられるんだと思います。

上野樹里さん出典:www.netflix.com求められる限り、俳優であり続けると語る上野さん。

―そうなのですね。やはり上野さんは、なるべくして俳優になった方ですし、他の仕事は考えられないという感じがします。

上野さん

「私を起用したいというスタッフの方がいたり、上野樹里の演技を見たいと言ってくださる方がいる限り、それこそ死ぬまで演じられます。もちろん、今後、興味が持てる分野が出てくるかもしれないけど、その世界から求められなければ仕事になりませんから。お芝居のお仕事が私を必要としてくれるのなら、私はずっと俳優として生きていきたいと思います」

 

上野樹里(うえの・じゅり)

兵庫県出身。2002年、NHK月曜ドラマ『生存 愛する娘のために』で女優デビュー。映画とドラマで活躍しており、2004年、映画『スウィングガールズ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。人気ドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ)大河ドラマ『江~姫たちの戦国』(NHK)で主演に抜擢される。他の出演作は映画『陽だまりの彼女』(2003)ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ)など多数。最新ドラマは「持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS)など。

Netflixシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」

ヒヤマケンタロウの妊娠出典:www.netflix.com©坂井恵理/講談社/©テレビ東京

原作:坂井恵理『ヒヤマケンタロウの妊娠』(講談社「BE LOVE KC」所載)
監督:箱田優子 菊地健雄
脚本:山田能龍 岨手由貴子 天野千尋
出演:斎藤 工 上野樹里
筒井真理子 岩松 了 高橋和也 宇野祥平 山田真歩 / リリー・フランキー
細川 岳 前原 滉 森 優作 山本亜依 伊勢志摩 篠原ゆき子 橋本 淳 小野ゆり子 木竜麻生
斉木しげる 根岸季衣
配信︓4月21日(木)、Netflixにて全世界独占配信

【物語】

ヒヤマケンタロウの妊娠出典:www.netflix.com©坂井恵理/講談社/©テレビ東京

まさか妊娠するとは思っていなかった桧山健太郎(斎藤工)は、パートナーの瀬戸亜季(上野樹里)に妊娠したことを打ち明けます。最初は動揺していた亜季だけれど、妊娠出産で仕事を休まずに子供を持つことができる!と彼に協力することに。でも「男性パートナーの出産」を周囲は受け止めてくれず、心無い言葉を投げられることも……。そんな現実を乗り越えようと、桧山と亜季は、我が子を守っていこうと決意するのです。
 

取材&文&撮影(上野樹里さん):斎藤香


著者

kaori saito

kaori saito

映画雑誌の編集者を経てフリーライターになり、現在webサイトを中心に取材執筆活動をしています。新作映画を続々紹介していきますので、よろしくお願いいたします。