冬のきゅうり保存、冷蔵庫はNG?意外と知らない「きゅうりを長持ちさせる保存方法」

料理・グルメ

2022.10.13

こんにちはスーパーの青果部歴10年の青髪のテツです。皆さんきゅうりを買ってすぐに使わなかったり数本入った袋を買って使いきれなかったとき、どのように保存していますか? きゅうりは水分量が多いので比較的傷みが早い野菜なんです。 正しい保存方法を覚えておくことで、そのまま冷蔵庫に入れておくよりもおいしく食べられる期間が伸びます。そこで今回はきゅうりの保存方法について紹介していきます。

広告

きゅうりの保存方法

きゅうり

きゅうりを保存するときは皆さん冷蔵庫に入れる方が多いと思いますが、冷蔵庫の中でも冷蔵室、野菜室、チルド室どこが最適だと思いますか?

まずはきゅうりの最適な保存場所を知っておきましょう。

きゅうりは夏野菜なので、寒さと乾燥に弱いという特徴があります。なので最適な保存温度は10~13℃といわれています。室温が低い11~3月までの間は冷暗所での常温保存も可能です。冷蔵室はメーカーにもよりますが0〜5℃、チルド室は0℃なのできゅうりが低温障害を起こし、傷みやすくなる原因になります。

室温が13℃を超える場合や、暖房をつけたり消したりする場合は冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

野菜室の温度は3~7℃と言われているので、きゅうりにとって冷蔵室よりも野菜室がベストです。また、野菜室は湿度が高く設定されているので、乾燥に弱いきゅうりは野菜室の方が湿度の面でも保存に適していると言えます。

野菜室での保存方法

きゅうり

野菜室で保存する場合はペーパーに包んでポリ袋に入れ、立てた状態で保存しましょう。

立てて保存する理由はきゅうりが縦に成長する野菜だからです。きゅうりに限った話ではありませんが、野菜は収穫後も生きており成長していきます。上(空)向かって成長しようとしているので、横にして保存すると曲がってしまい余分な水分や栄養を消費してしまうことで長持ちしません。

ペットボトルや牛乳パックを切ったものを野菜室に常に入れておけば、立てて保存しやすくなりますよ。

きゅうり

冷蔵保存したきゅうりの保存期間は4~5日程度になります。あくまで目安なので早めに食べきってくださいね。

冷凍室での保存方法

きゅうりは冷凍保存することも可能です。冷凍保存の方法は以下の通りです。

1. きゅうりを薄く輪切りにする
2. 塩もみをする

3. 水気をしっかり取る。きゅうりきゅうり

4. 保存袋に入れて冷凍庫へ
きゅうり

きゅうりは水分が多い野菜なのでそのまま冷凍し解凍するとブヨブヨになりおいしく食べることができません。
上の方法だとある程度食感も残り、長期保存も可能なので試してみてくださいね。

今回紹介した冷凍きゅうりの保存期間は約1か月です。冷凍すると安心してしまって気づいたら長期間冷凍庫で眠っているなんてこともよくあります。家庭の冷凍庫は開け閉めを頻繁にすることもあり、ゆっくりですが確実に鮮度は落ちていきます。早めに食べきるようにしてくださいね。

きゅうりを捨てないで

今回はきゅうりの保存方法を紹介しました。
きゅうりは大袋で売られていることもあり、全部食べきれずに捨ててしまったことがある方も多いのではないでしょうか。早めに食べきることができれば一番良いのですが実際は難しい場合もあると思います。

今回の方法を日常に取り入れ捨てる機会を減らしていってもらえたら嬉しいです。

広告

著者

青髪のテツ

青髪のテツ

八百屋歴10年、SNSで野菜の発信活動を続けています。 総フォロワー40万人を超えました。 野菜・果物の選び方、保存方法、簡単レシピ、節約について書いていきます。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告