15分で夕食完成!大人気の台湾料理「ルーローハン」をおうちでつくる方法

料理・グルメ

2023.02.02

大人気の台湾料理、ルーローハンを豚こま肉で手軽に作ってみませんか。玉ねぎに小麦粉をまぶしてから炒めるのがおいしさのポイント! ちょっと面倒という方は、これを省いてもOK。……ですが、ちょっとの差でびっくりするほど味が変わるので、ぜひ作り方だけ見てみてくださいね!

広告

コクうまルーローハンの作り方(調理時間15分)

材料(3〜4人分)

豚コマ肉(脂多めがおすすめ)……400g
玉ねぎ……1個
小麦粉……大さじ2
油……大さじ2〜3
砂糖……大さじ2

【煮汁】
酒……大さじ3
醤油……大さじ3
あれば五香粉……少々
水……200ml

つくりかた

1 フライパンに油(大さじ1)を熱し、ざく切りにした豚肉を炒める。この肉はなるべく脂が多いものを選んだほうがルーローハンぽく仕上がります。
※フライパンが2個ない場合には、肉は鍋で炒めるか、炒めてから鍋に移して煮てください。サンプルイメージ

2  肉の色が変わったら、フライパンのすき間を開けて砂糖を入れ、少し溶けて香ばしい香りがしてくるまで砂糖を焦がす。元から茶色いきび砂糖とかだと、よりコクが出ます。残りの煮汁材料を加え、フタをして煮る。サンプルイメージ

3  玉ねぎを薄切りにする。高さを半分にしてから薄切りにするとちょうどよい。サンプルイメージ

4 玉ねぎに小麦粉をまぶす。サンプルイメージ

5  別のフライパンに油(大さじ2)を熱し、玉ねぎを焦げ色がつくくらいまで揚げ焼きにする。サンプルイメージ

6 肉に炒めた玉ねぎを加え、5〜10分ほど煮る。サンプルイメージ

ちょっと面倒ですが、玉ねぎを別に炒めるのがおいしさのポイント。肉と一緒に炒めて煮ると、しょうが焼きみたいになってしまいます。
それはそれでおいしいのですけれど、ルーローハンぽさを出すために、ぜひこのひと手間を試してみてくださいね!

五香粉を入れると、本格的な味と香り

サンプルイメージ

煮込むときに、お好みで中国のスパイスミックス「五香粉」があれば入れてみてください。

五香粉は、八角(スターアニス)ほか、花椒、クローブ、シナモン、フェンネルなどの5種類をブレンドした中国のスパイスミックス。
八角の香りはかなり好みがわかれるところなので、慣れていない方は少しずつ加えてください。

ごはんがどんどん進みます!

サンプルイメージ

お好みでパクチーを添えると、さらに本格的な味わいに。
サンプルイメージ

ゆでたいんげん、チンゲン菜、小松菜などの野菜とゆで卵を添えるのがおすすめ。

じっくり煮る時間がとれるときには、ゆで卵を5分ほど一緒に煮込むともっともっとおいしくなります。
いろいろ試してみてくださいね。

広告

著者

田内しょうこ

田内しょうこ

「働くママの時短おさんどん料理」「育休復帰のためのキッチンづくり」「忙しいワーキングマザーのための料理」「子育て料理」をテーマに、書籍や雑誌、ウェブサイトで発信。出張教室やセミナーのほか、食と子育て関連の情報発信を行う。著書に『時短料理のきほん』(草思社)、『働くおうちの親子ごはん』(英治出版)、『「今日も、ごはん作らなきゃ」のため息がふっとぶ本』(主婦の友)などがある。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告