冷蔵庫で保存はNG。意外と知らない「常温保存すべき3つの調味料」

家のこと

stock.adobe.com

2024.01.28

調味料はどのように保管していますか? 開封した後は冷蔵庫へ入れておけば大丈夫という気もしますが、じつは冷蔵庫に入れてはいけない調味料もあるんです。ここでは、冷蔵NGの「常温保存すべき調味料」をご紹介します。

広告

本みりん

みりん出典:stock.adobe.com

アルコールと糖分が含まれている本みりんは、酒類に分類されます。みりん風調味料と比べて価格が高いのは、原材料の違いもありますが、酒税がかかっていることも理由のひとつです。

みりんを冷蔵庫で保存すると、糖分が白く固まって結晶化することがあります。問題なく使えますが風味が落ちる場合もありますので、本みりんは「冷暗所で保存」するのが適切です。
未開封の場合は1年ほど持ちますが、開封後は3ヵ月程度で使い切るようにしましょう。

ちなみに、みりん風調味料はアルコールをほぼ含んでいないため、常温で保存すると劣化します。名前がよく似ていますが成分は異なりますので、「本みりんは冷暗所」「みりん風は冷蔵庫」と覚えておきましょう。

砂糖

砂糖出典:stock.adobe.com

砂糖にとって、湿気は大敵。冷蔵庫内は乾燥しやすい環境ですが、頻繁な開け閉めによって結露が発生します。このわずかな結露も、砂糖が劣化するには十分な水分です。
温度差によって生じた結露は、砂糖が固まったり変色したりする原因になります。

砂糖は常温保存が基本。常温とはいっても、水まわりやコンロ周辺などの湿度が高くなる場所は不向きです。
密封できる容器に入れて、できるだけ湿度の影響を受けないところに保管しましょう。

はちみつ

はちみつ出典:stock.adobe.com

長期保存できるはちみつですが、冷えると結晶化しやすい特徴があります。本みりんと同じく、白く固まっても食べるのには問題ありませんが、扱いづらくなるため避けた方が無難です。

はちみつは基本的に「常温保存」が適切。ただし15度以下で結晶化するため、冬場は常温で置いていても固まることがあります。
そんなときは、電子レンジで軽く温めて、とろとろの状態にもどしてから使いましょう。

ただし、はちみつに似たケーキシロップやメープルシロップは、「開封後、涼しい場所で保存」と記載されている場合がありますので注意してください。

正しく保存して使い切ろう

調味料出典:stock.adobe.com

調味料によっては、開封後に冷蔵保存をしない方がいいものが多数あります。

ただし、ここでご紹介した内容はあくまでも一例です。使用している原材料や成分によって、最適な保存方法は異なります。メーカー推奨の保存方法を確認のうえ、調味料の特徴に合う正しい方法で保存しましょう。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告