「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【行ったつもりでおうちご飯・京都飯2品】甘く炊いた油揚げの卵とじ"衣笠丼"は1食100円で作れる

料理・グルメ

 【行ったつもりでおうちご飯・京都飯2品】甘く炊いた油揚げの卵とじ"衣笠丼"は1食100円で作れる

2020.05.03

外出自粛、テレワーク、休校が増え、3食作らなきゃなった今、食費が家計を圧迫していませんか?
できることならあまりお金をかけたく無いですよね。

そんな時におすすめしたいのが、TV番組「秘密のケンミンSHOW」で紹介していた京都の郷土料理"衣笠丼"です。油揚げと卵とねぎがあれば、家にある調味料で作れます。
"いとこ汁"とともにご紹介します。

家計に優しいだけでなく、京都気分を味わうこともできます。
今日のご飯にいかがですか?

出汁が染みておいしい「衣笠丼」の作り方

衣笠丼の材料はこちら。
油揚げを短冊切りにし、ねぎは輪切りにする。

1. 鍋に白だし、醤油、みりん、砂糖、油揚げを入れ、火にかける。

2. 沸騰したら、ねぎを加える。

3. ねぎに火が通ったら、水溶き片栗粉を加えた溶き卵を回し入れる。

4.火が通ったらできあがり。

5.器に盛っていただきます。

◯材料(1人分)

油揚げ…1枚
九条ねぎ(無ければ青ねぎ)…2本
白だし…180cc
醤油…大さじ2〜2.5
みりん…大さじ1
砂糖…大さじ1
溶き卵…2個
水溶き片栗粉…適量
ご飯…適量

油揚げは京揚げがおすすめですが、なければ普通の油揚げでOK。
九条ねぎもなければ、青ねぎで。

水溶き片栗粉を溶き卵に加えて回し入れるだけで、冷めにくくなり、最後までおいしく食べられます。
油揚げに出汁が染み込んで、ついついかきこんじゃうウマさの丼です。
一味唐辛子や山椒をかけてもおいしく食べられます。
ご飯でなく、うどんの上にかけてもおいしそうですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 


著者

RIE

RIE

小1女の子ママ。 食育実践プランナーの資格を持っています。毎日時短&簡単料理しか作らず炊飯器が相棒です。 おいしいもの好きで新商品に敏感。 コンビニ、カルディ、業務スーパーをよくパトロールしています。