「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

お正月はとことんラクに!カレーはもう煮込む必要なし!電子レンジで作る”時短カレーレシピ”3選

料理・グルメ

stock.adobe.com
 お正月はとことんラクに!カレーはもう煮込む必要なし!電子レンジで作る”時短カレーレシピ”3選

2021.01.03

大人から子どもまで大好きなメニュー「カレー」。忙しいときには、しっかり煮込まないからおいしく作れないと思っていませんか? 今回は、煮込まないのにコクが出る、時短カレーの作り方を紹介します。これなら忙しいときでもおいしいカレーを作れますよ!

電子レンジでたったの7分!「冷凍きのこのカレー」

A lt

急いでカレーを作ると、煮込んだときのようなコクが足りないと感じませんか。料理研究家でラク速レシピのゆかりさん考案の「レンジで冷凍きのこカレー」は、電子レンジでチンするだけなのに、長時間煮たようなカレーが作れますよ。ポイントは、何種類かのきのこを具材に使うことです。きのこの旨味がギュッと濃縮して、長時間煮込んだような深い味わいが楽しめます。

A lt

作り方は、冷凍茸150g、油を切ったツナ缶を1缶、水200ml、カレールウ2かけを耐熱皿にのせ、ふんわりラップをかけて、600Wの電子レンジで7分加熱し、加熱後にカレーのルウが混ざるようによくかき混ぜたら、できあがりです。 
調理に使うきのこは、生のきのこでも代用が可能です。

冷凍茸とは?

A lt

冷凍茸の作り方は、マイタケ1パックをひと口サイズに手でちぎり、しいたけ6枚は軸を切り落とし薄切りに、えのき1袋は石づきを切り落として3㎝幅に切り、清潔なポリ袋に入れ冷凍するだけ。この作り置きはさまざまなレシピに重宝します。きのこを購入したときに冷凍保存しておくと便利。こちらは約1カ月を目安に使い切りましょう。

煮込んでないのに2日目の味になる?!「煮込まないカレー」

A l t

忙しいときだからこそ、時短で簡単にできて、おいしいレシピを活用したいですよね。料理研究家リュウジさん考案の「煮込まないカレー」は、豚こま肉と玉ねぎがメインのカレーで、簡単にすぐできるレシピですよ。煮込まずにカレーのコクが出せるんです。調理時間は10分かからずにできるので、忙しいときにおすすめですよ。

A l t

  1. 薄くスライスした玉ねぎ1個を油をひいたフライパンであめ色になるまで炒め、適量の塩こしょうをした豚こま肉300gを加え、さらに炒めます。
  2. おろしにんにく1片、水600㏄、カレールー1/2個を入れ溶かし、ルーが溶けたら、バター10g、ウスターソース小さじ2、砂糖小さじ1を加えて、できあがりです。

何度もリピートしたくなるおいしさ!レンジでチンして作る「キーマカレー」

A lt

急いでカレーを作ると、具材が馴染まずおいしく作れないですよね。料理研究家山本ゆかりさん考案の「レンジで一発キーマカレー」は、レンジでチンするだけなのに、コクがあり、くせになるおいしいキーマカレーが作れますよ。ポイントは、インスタントコーヒーの粉。コトコト煮込んだようなキーマカレーが楽しめます。

A lt

玉ねぎ1/4個、ニンジン1/3個をみじん切りにし、合い挽きひき肉150g、カレールウ2個、水160㏄、ケチャップ大さじ1、ウスターソース大さじ1、チューブのおろしにんにくを1㎝程度、チューブのおろししょうが1㎝程度、インスタントコーヒーの粉適量を耐熱容器に入れ、ひき肉の塊がなくなるまで混ぜ、ふわっとラップをかけて、600wの電子レンジで12分加熱し、よく混ぜ、しばらく置き味をなじませたらできあがりです。

忙しいときにも、家族のために食事を準備するのは本当に大変です! 時短できおいしく仕上げることができるカレーのレシピは、電子レンジを活用しながら作れるものばかりです。時短レシピをうまく活用しながら、おいしいご飯を準備しましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

ayako

ayako

「笑顔になるように」を大切に毎日を過ごしています。 子どもと図書館で一緒に過ごすことが大好きです。 皆さんのお役に立てるように頑張ります。