「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「運動しているけどなかなか痩せない」原因はからだの硬さ!痩せたい人必見”お手軽ストレッチダイエット”

心と体

stock.adobe.com
 「運動しているけどなかなか痩せない」原因はからだの硬さ!痩せたい人必見”お手軽ストレッチダイエット”

2021.05.11

「運動しているつもりなのに、思うように痩せない」、「筋トレはしんどいし続かない」、「痩せたいけれど運動は面倒くさい……」。このように、痩せたい気持ちはあるけれど、「なかなかダイエットが成功しない」というお悩みをもつ方はいませんか? その原因は、からだの硬さかもしれません。痩せたいならまずはからだを柔らかくして代謝を高め、効率のよいダイエットに導いてくれる「ストレッチダイエット」がオススメですよ!

目次

ダイエットの効果を上げるにはストレッチがおすすめ
ダイエット効果倍増!代謝を上げる「簡単ストレッチ」
朝の伸びのついでに「一石二鳥!肩甲骨ほぐし」
昼の仕事や家事の合間に「しゃがんで立つだけ!美脚ストレッチ」
夜寝る前に「枕の上で伸びるだけ!お腹引き締めストレッチ」
ダイエットをサポートする漢方薬
しなやかで美しいからだを手に入れましょう

ダイエットの効果を上げるにはストレッチがおすすめ

 

ストレッチ出典:stock.adobe.com

ストレッチには直接的に体脂肪を燃やす効果や、筋肉を増やす効果はありません。しかし、短時間で簡単にできるので続けやすい点がメリットといえます。ストレッチでは、次のようなダイエット効果が期待できます。

  • 筋肉がほぐれて血流が改善され、代謝が促進される
  • 関節の可動域が拡大し、運動効率がアップする
  • 歪みを改善して姿勢がよくなり、痩せやすいからだになる


このなかでも、ストレッチによる血流改善効果はダイエットに効果的です。
「代謝が上がる→体温が上がる→さらに血流がよくなる」という、とてもよい循環をもたらしてくれるため、効率のよいダイエットに導いてくれます。

ダイエット効果倍増!代謝を上げる「簡単ストレッチ」

寝起き

今回はストレッチのなかでも、とくに筋肉をほぐして血流を改善し、代謝を上げる効果の高いストレッチをご紹介します。日常生活に取り入れられるものばかりなので、ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

朝の伸びのついでに「一石二鳥!肩甲骨ほぐし」

こちらは筋肉がほぐれて血流がよくなるだけでなく、肩甲骨付近に多く集まっている、脂肪燃焼にかかわる細胞(褐色細胞)も活性化されて、痩せやすいからだにしてくれる、一石二鳥のストレッチです。

<一石二鳥!肩甲骨ほぐしのやり方>

  1. 息を吸って、両手を頭上で交差させます。
  2. 息を吐いて、両肘を体側の横までしっかりと引きます。
  3. 2をリズミカルに繰30回程度繰り返します。

昼の仕事や家事の合間に「しゃがんで立つだけ!美脚ストレッチ」

太ももやふくらはぎのまわりには、全身のめぐりにかかわる筋肉が集まっているため、しゃがむことで下半身の代謝が上がり、太もものシェイプやヒップアップにつながります。さらに、骨盤の歪みを改善してくれる効果も期待できます。

<しゃがんで立つだけ!美脚ストレッチのやり方>

  1. 膝を閉じて、まっすぐな姿勢を保ちながら、しゃがめるところまでゆっくり腰を落としていきます。
  2. 腰を落としたら10〜20秒その姿勢をキープして、ゆっくりと元に戻していきましょう。

夜寝る前に「枕の上で伸びるだけ!お腹引き締めストレッチ」

前かがみの生活が多いと、意外と硬くなっているのがお腹です。お腹を伸ばして胸が上に向くようにすることで、内臓も上がってお腹がすっきりします。

<枕の上で伸びるだけ!お腹引き締めストレッチ>

  1. みぞおちの後ろ、背中の下に、枕もしくはストレッチポールを置いて、仰向けになります。枕はあまり大きなものではなく、両肩が床につく程度のものを使ってください。
  2. 両手を上げて、床についたまま上に伸ばします。両脚のかかとも下に伸ばすように意識しましょう。

ダイエットをサポートする漢方薬

「手軽にダイエットしたい」、「色々試したけどだめだった」、そんな方には漢方薬がおすすめです。
漢方薬は症状と体質に合ったものを飲むことで、太りやすい体質にも働きかけます。自然由来の漢方薬はからだの内側からナチュラルに効果を発揮しますので、リバウンドしにくい体質を目指せます。
ダイエットのために、バランスの取れた食生活や運動習慣を継続するのは大変という方でも、漢方薬なら症状や体質に合うものを飲むだけなので、手軽に毎日続けられそうですよね。
さっそく始めてみたいと感じた方のために、以下にストレッチダイエットにおすすめの漢方薬をご紹介します。
漢方

<ストレッチダイエットにおすすめの漢方薬>
ストレッチダイエットは、血流のよい状態で行うと、より筋肉の柔軟性が向上し、高い効果につながります。今回は、血流を改善する漢方薬を2つご紹介します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):冷えやむくみ、貧血、疲れなども気になる方
からだを温めることで血行を促し、からだの中の余分な水を取り除くことでむくみを改善して、ダイエットをサポートします。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):のぼせや月経不順、月経痛、肩こり、頭痛なども気になる方
血流を整えて、全身の新陳代謝の促進をサポートします。また、ホルモンバランスもととのえるため、更年期の女性にも使われます。

ただ、からだにやさしい漢方薬とはいえ、自分の体質に合っていなければ、良い効果が見込めないだけでなくからだへのダメージを与える場合もあります。自分に合う漢方薬を見つけるためにも、購入時には、できる限り漢方に詳しい医師、薬剤師等にご相談ください。
 

お手頃価格で不調を改善したい、という方にはスマホで気軽に専門家に相談できる「あんしん漢方」のような新しいサービスもおすすめです。AI(人工知能)を活用し、漢方のプロが効く漢方を見極めて、お手頃価格で自宅に郵送してくれる「オンライン個別相談」が話題です。

 

しなやかで美しいからだを手に入れましょう

海

今回はからだの硬さに着目して、ストレッチでダイエットにアプローチする方法をご紹介しました。
ぜひ、代謝を上げるストレッチや、その効果を高める漢方薬を取り入れるなどして、しなやかで美しいからだづくりを目指してみてくださいね。

著者

西里美咲

西里美咲

薬剤師。大学時代は生薬学研究室に所属し、美容成分の研究を行う。卒業後は製薬会社勤務、調剤薬局勤務を経て、現在は3人の子どもの育児に奮闘しながら執筆活動中。 自身の妊娠中や産後の不調を、漢方の服用と生活習慣の見直しにより改善できた経験から、漢方やセルフケアの効果を実感し、同じように不調に悩む女性をサポートしたいと考えている。パーソナルリンパケアリスト資格所有。

この記事をシェア