「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【実録】バニトレダイエットに費やした日々|30代にして「人生で初めてダイエットに成功した!」2児ママのダイエット記録vol.1

心と体

 バニトレ

2021.11.10

30歳を超えてやっと本気のダイエットを開始。面倒くさがりで飽きやすい私でもしっかり結果を出すことができたのですが、いろいろなことを試し、挫折や失敗を繰り返しながら継続していきました。その中でも今回は、ダイエットを始めて一番最初に挑戦した「バニトレ」についてご紹介いたします!

バニトレとは?

バニトレとは、韓国で大人気なフィットネスインストラクターバベバニさんのYouTubeチャンネルのことで、1回目の緊急事態宣言が出された時の外出自粛期間にSNSなどでかなり大流行りしていました。

バニトレ

私は、ダイエットを始めよう!と決めたときにまず挑戦したのがバニトレでした。

なぜこのバニトレを選んだかというと、ダイエットのために家でできる運動を探していた時に、SNSでいろんな方が「ものすごくきついけどきく!」とか「すごいつらいけどかなり汗かける!」など、「なんだか効果がすごそうだな」と思ったのがきっかけです。

普段は楽な方に流れがちだったのですが、きつくて効きそうなものじゃないとこの太り切った体にはダメなんじゃないかと思ったのであえてつらそうなものを選びました。

バニトレ2ずっと眠っていたヨガマットの使い時がやっときました......!(笑)

チャレンジした結果

実際にやってみて、口コミ通り本当につらかったのですが、10分~20分という短いトレーニングなのにも関わらず汗が大量に出てくる!

運動出典:stock.adobe.com

そして引き締めたい部位が、翌日必ずと言っていいほど筋肉痛になったので、効果を実感できるように。結果的に、2ヶ月ほど続けることができました。

筋トレ大好きな夫がバニトレをやっている私を見て、「これを続けてたら確実に細くなるでしょ!きついもん!がんばれ!」と言ってくれたのも続けられた要因でした。

2か月で、体重の変動はそれほどなかったのですが、見た目(特にヒップアップ)が少し変わったかな?と実感できることはありました。

とはいえ、見た目が変わるのはもちろん嬉しかったのですが、とにかくダイエットを開始した時は、今の体重をどうにかして減らしたいという気持ちがとても大きく......。バニトレを毎日頑張って続けていても、体重が思うように減っていかないストレスがあったことも事実。

また、外出自粛期間中は時間もあり、10~20分ぐらいであれば自分の運動の時間が取れたのですが、小学校や幼稚園が始まってしまうと送迎やいろいろなことで時間が取られてしまったりすることもあり、2日に1回、3日に1回、1週間に1回......と頻度が減ってしまい、そのうちやらなくなってしまいました。

毎日続けているうちは習慣になっているので良かったのですが、生活のリズムが変わってしまった時にバニトレを組み込めなかったのも敗因かなと思います。

こんな方にオススメ

ですので、バニトレに関しては、「お尻を上げたい」「お腹を引き締めたい」など、体重ではなく体型を変えたい方にはとても良い方法だと思いますし、1日の中で10~20分の時間を毎日取れる方には本当におすすめしたいダイエット法です。

私も今現在、体重はもう頑張って減らさなくてもいいかなと思えているのですが、二の腕や下半身がまだまだ太いので、またバニトレを再開させて体のラインを細くしたいなと企んでおります!

著者

さよ

さよ

7歳の男の子、3歳の女の子のお母さんです。 服飾系大学卒業、元アパレル販売員。 とにかくファッションが大好き!! 家庭科の教員免許をもっているので食・住も任せてください! ボタニカルワックスバー作りにはまっておりまして、ハンドメイドが大好きです。 たくさんの情報を発信していきますのでよろしくお願いいたします♡