もっと早く知りたかった…。絶対試してほしい「れんこん」の意外と知らないおいしい食べ方

料理・グルメ

 もっと早く知りたかった…。絶対試してほしい「れんこん」の意外と知らないおいしい食べ方

2023.11.09

秋においしいシャキシャキのれんこん。かわいい見た目を生かして、輪切りをそのまま豚ばら肉と炒め合わせます。味つけは醤油と黒こしょうだけ。かんたんなのに「おいしそう!」と声が上がる鉄板レシピです。

広告

11月にますますおいしい! れんこんの季節です

れんこんは、ビタミンCや食物繊維が多く秋にはもりもり食べたい野菜。

サンプルイメージ

その反面、でんぷん質が豊富で糖分がやや多いのも気になる方もいるかもしれません。
そこで! 糖分の代謝を上げるビタミンB群が豊富な「豚肉」を一緒に食べることで、れんこんの糖分の多さも気にならなくなります。

鶏肉とれんこんの料理のときにも書きましたが、ビタミンCはたんぱく質と一緒になると、体内のコラーゲン生成を促進してくれるので、美容的にも効果が期待できる組み合わせです。

味つけは醤油だけ! シンプルがしみるおいしさ

れんこんの楽しさはなんと言っても、シャキシャキの食感。あとは、輪切りのかわいさも食欲をそそりますよね。

大きな輪切りのれんこんは、食べごたえもあり。満足感のある一品になります。

サンプルイメージ

見た目だけでもおいしそうなれんこんの味つけは、シンプル・イズ・ザ・ベスト! 醤油だけでバチッと仕上げます。
少し焦がすくらいに火を通すと、香りだけで食欲がもりもりわいてきます。

れんこんと豚バラの焦がし醤油炒め(調理時間 10分)

材料(4人分) 

・れんこん……1節(200 g)
・豚バラうすぎり肉 か しゃぶしゃぶ用肉……200g
・にんにく(お好みで)……1かけ

【調味料】
・醤油……大さじ1
・黒こしょう……適量

・油……小さじ1

作り方

1 れんこんは薄切りに、豚肉は食べやすい大きさに切る。にんにくはみじん切りにする。
 
サンプルイメージ

2 油を熱したフライパンに豚肉を入れ、塩ひとつまみ(分量外)をふって表面を焼く。
 にんにくを加えるときは、肉が焼けたあとに加えるとよい。
サンプルイメージ

3 れんこんを加え、れんこんに焼き色をつけるように全体を炒め合わせる。
サンプルイメージ

4  脂が多かったら、ペーパーで拭き取る。脂が多すぎると調味料がからみづらいので、しっかり取りましょう。
サンプルイメージ

4 醤油を加え、焦がすようにしながら全体を混ぜて仕上げる。サンプルイメージ

広告

著者

田内しょうこ

田内しょうこ

「働くママの時短おさんどん料理」「育休復帰のためのキッチンづくり」「忙しいワーキングマザーのための料理」「子育て料理」をテーマに、書籍や雑誌、ウェブサイトで発信。出張教室やセミナーのほか、食と子育て関連の情報発信を行う。著書に『時短料理のきほん』(草思社)、『働くおうちの親子ごはん』(英治出版)、『「今日も、ごはん作らなきゃ」のため息がふっとぶ本』(主婦の友)などがある。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告