「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【ストックしすぎたそうめんの活用術】秋の晩酌タイムにおすすめな簡単おつまみ2選!子どものおやつにも

料理・グルメ

 【ストックしすぎたそうめんの活用術】秋の晩酌タイムにおすすめな簡単おつまみ2選!子どものおやつにも

2020.09.09

夏には、定番のランチメニューとして食卓に並ぶことが多い“そうめん”。今年は特に酷暑日が続いたので、つるっとした冷たい麺にたくさんお世話になった方も多いと思います。
大量にストックしておいたけれど、そろそろシーズンも終盤。余ったそうめんを、いつもとは違った方法で使いきりたいときには、簡単おつまみに変身させてしまいましょう!
今回は、秋の夜長の晩酌タイムにぴったりな、「揚げずにポリポリ!そうめんスナック」と、「そうめんのひとくち軍艦巻き」の2つのそうめんアレンジレシピをご紹介します。
どちらも、さまざまな味のバリエーションを楽しめるおつまみですよ。

スナック菓子感覚で楽しめる「揚げずにポリポリ!そうめんスナック」

「揚げずにポリポリ! そうめんスナック」
◼︎材料(2〜3人分)
・乾麺のままのそうめん...1/2束
・オリーブオイル...大さじ1
・お好みの調味料(塩、ブラックペッパー、コンソメ、砂糖など)...適量

◼︎作り方
1. 天板の上にクッキングシートまたはアルミホイルを敷き、平らになるようにそうめんを並べます。

2. 上からオリーブオイルを全体的にかけ、オーブン(180度)で10分から15分程度焼きます。こんがりした色になったらOKです。

3. そうめんが熱いうちに味つけしたら、できあがり!

〈作るときのポイント〉
・焼き色に関わってくるため、オリーブオイルは偏らないようになるべく全体的にかけること。
・味がなじみやすいように、焼き上がり後は熱いうちに調味料をかけること。

ビール党には「塩+ブラックペッパー」や「塩+青のり」、ワイン党には「コンソメ」、甘党には「砂糖+きな粉」の味つけがおすすめです。調味料を変えるだけで、おつまみにも、おやつにもなります。ポリポリとした食感は、クセになること間違いなし!
多めの油で揚げる方法もありますが、オーブンのほうが油の使用量が減らせるため、低カロリーで作ることができます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。