「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

1日たった5分でOK!コロナ疲れや雨の日のどんよりした気分を吹き飛ばずヨガポーズ #ヨガインストラクターが教える

心と体

www.photo-ac.com
 1日たった5分でOK!どんより気分を吹き飛ばす方法

2021.05.16

新学期や年度始めの環境の変化で気が張りがちな4月。新しい環境に慣れ始める5月、楽しいゴールデンウィークが終わって日常に引き戻され、無気力感、倦怠感、憂鬱な気分になる日が増えていませんか? 1日5分の簡単なポーズで、ストレスを取り除いていきましょう。

魚のポーズ

胸を大きく開くことで深く呼吸をすることができ、リフレッシュ効果が得られて前向きになれます。姿勢の改善、リラックス効果も!

魚のポーズイメージ

⒈仰向けに寝る。
⒉手の平を下に向けてお尻の下に入れる。

魚のポーズイメージ

⒊肘を曲げ両肘でマットを押し胸を反らせる。(首を傷めないよう頭に体重はかけないように)ここでゆっくり呼吸を繰り返す。
⒋ポーズを解くときは、吐く息でゆっくり胴体を下ろして頭を下ろす。

猫伸ばしのポーズ

名前の通り、猫が気持ちよく伸びをするときのようなポーズです。上体がうーんと気持ちよく伸びて、リフレッシュ効果抜群。肩凝り、首こり、腰痛の緩和や姿勢の改善にも効果的です。

猫伸ばしのポーズイメージ

⒈四つん這いになる。

猫のばしのポーズイメージ

⒉吐く息で両手を前方にスライドし、胸、脇の下をマットに近づける。顎またはおでこをマットにつける。ここで数呼吸。

猫のばしのポーズイメージ

⒊前に伸ばした両手をそのまま左へ。左手を胸の横でつき、マットを押しながら右手をさらに左遠くへ持っていくイメージで体の右側を伸ばし、ここで数呼吸。
⒋反対側も同様に。

壁に脚を上げるポーズ

下半身の疲れとむくみや冷えに効果的。血流を促進し、冷え性にも。深く呼吸を繰り返すことで副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られます。寝る前にもおすすめのポーズです。

壁に脚を上げるポーズイメージ

⒈壁が体の横にくるようにお尻を近づけて座る。

壁に脚を上げるポーズイメージ

⒉仰向けになり、なるべくお尻を壁に近づけて足を壁に沿わせて上げる。両足のかかとは揃えて。
⒊手は体の横で楽に広げ、力を抜いて呼吸を繰り返す。

 

いかがでしたか? 今はコロナの影響でいつも以上に日頃からストレスを感じることが多いと思います。1日5分、ヨガポーズを生活に取り入れて、毎日健康に過ごしたいですね!

著者

Shiko

Shiko

カナダ、バンクーバーと日本でやんちゃな息子達と旦那と一緒に暮らしています。 音楽、ヨガ、アウトドアが大好き! 歯科医師、ヨガインストラクターです。時々ジャズを歌っています。 Zoomヨガ教えてます。レッスンご希望の方はインスタからメッセージくださいね!@fumikokusuhara

この記事をシェア