食費が少ない人が必ず守る「買い物ルール」【5人家族・月の食費2万円台の達人に学ぶ】

働く・学ぶ

stock.adobe.com

2023.12.26

スーパーで「なにを買うか」によって、食費をどれくらい節約できるかは大きく変わります。 ここでは、5人家族・月食費2万円台でやりくりする私が必ず守る「買い物ルール」をご紹介します。

広告

「じゃがたまにん」は必須

じゃがたまにん

旬や見切り品のように、「安い野菜」を買う一方で、「高くても買う野菜」がいくつかあります。
それは、じゃがいも・たまねぎ・にんじんの3兄弟。略して「じゃがたまにん」です!(笑)

じゃがいも

この3兄弟は、使い勝手がよくて長持ちする、野菜の優等生。
逆に、ないと困ることも多いので、値段が高い時期でも「にんじん1本だけ」「大玉ねぎ1個だけ」のように、単品で購入しています。

たまごは2パック

たまご出典:stock.adobe.com

2023年のたまごショックが過ぎてから、このところは1パック200円程度で買えるようになりました。1パック100円時代ほど安くはありませんが、たまごはやっぱり欠かせません。

焼いても茹でてもおいしいうえに、炒めものやスープにも使えて便利です。

残りわずかなたまご

冷蔵庫のたまごストックが切れると不安になるので、まとめ買いのときは必ず2パック購入します。

ホットプレート炒飯

食材が乏しくなっても、ごはんさえあれば簡単チャーハンのできあがり!
お給料日前・まとめ買い前を乗り切るためにも、たまごは常備しておきたい食材です。

葉物はまるごと

キャベツ出典:stock.adobe.com

鮮度が落ちるのを防ぐため、葉物は必ず「1玉」購入します。
その日にうちに使う、よほど安いという場合はカット済みを買うときもありますが、基本的にはまるごと1玉を選びます。

コスパで見ても、カット済みやミックス野菜よりも割安ですし、1玉でいろいろな料理に使えるので節約にうってつけです。

キャべツの外葉を使ったお好み焼き

キャベツなら、固い外葉はお好み焼きに。

キャベツのサラダ

やわらかい中心の葉は、千切りにしてサラダやコールスローにするなど、使い分けるとおいしく1玉消費できますよ。

ポイントは「使いまわしやすい食材」を買うこと

スーパーで食材を選ぶときは、「安さ」「使いまわしやすい」この2つを意識すると、食費はぐんと減らせます。
食費の節約につながりそうかを考えながら買い物をすると、食費のやりくりがラクになるかもしれません。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告