「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

土や泥汚れが溜まりがちな玄関。たったの3ステップでお客様を呼べるスッキリした印象に【タスカジさんに聞く!週末小掃除テクニック】

家のこと

stock.adobe.com
 土や泥汚れが溜まりがちな玄関。たったの3ステップでお客様を呼べるスッキリした印象に【タスカジさんに聞く!週末小掃除テクニック】

2020.12.10

年末に近づき、大掃除が気になるこの時期。毎日家族が出入りする玄関は泥やホコリが溜まっているのが気になりますね……。そこでなるべくカンタンに掃除する方法を、家事の達人「タスカジ」のミホさんに教えていただきました。「年末の大掃除はもう必要ない!」というミホさんが、「玄関」のカンタンお掃除テクニックをご紹介します!

玄関の「たたき」がポイント。ピカピカにするために必要なのは?

サンプルイメージ万能ウェットダスター(セリア)

玄関掃除といっても、靴の収納棚から傘立てなど幅広く掃除する場所がありますね。でもすべてを一人で掃除するとなると負担も大きいもの。玄関を開けて「きれいな玄関」という印象があるのは“たたき”がきれいなこと。まずはたたきをピカピカにすることを目標にしましょう。
たたきをきれいにするには「万能ウェットダスター」が便利です。ぞうきんを水で濡らしてもいいですが、すでに水を含んだ「万能ウェットダスター」はサッと使えてあらゆる掃除に大活躍します。

玄関掃除はたったの3ステップで完了!ピカピカにする方法は

サンプルイメージ

玄関掃除をする前にまず行っておきたいのはたたきにある靴を片付けること。収納場所が限られている場合は玄関の外でもいいので、たたきには何もない状態にしておきましょう。
玄関は家族が出入りするたびに土や砂が落ちますね。お子さんの年令によっては芝生や葉っぱなども落ちているかもしれません。まずはそういった大きいゴミを掃いて取り除きましょう。
その後土や泥汚れを「万能ウエットダスター」で水拭きします。玄関の端に溜まった土ぼこりなども取り除きましょう。
最後にティッシュペーパーやハンドペーパーなどで乾拭きします。拭いたらそのまま捨てられるものを使うと便利です。

たたきの材質はさまざま。水拭きが安心

たたきは大理石やセラミックなど、ご家庭によってさまざまな素材が使われています。素材によっては洗剤などを使うと傷めてしまったり、シミができたりしてしまうことも……。そういう場合にも手軽にできる水拭きは安心。ただ水浸しにすると材質によってはシミや変色することもありますので、素材を確認してから掃除してくださいね。

玄関掃除は「ゴミを取り除く」、「ウエットダスターで水拭きする」、「最後に乾拭きする」の3ステップがキホン。これだけでお客様がきてもキレイな玄関という印象が残りますよ。
次回は家庭内の「自分で掃除していいところ、よくないところ」についてお話しします。

教えてくれたのは……タスカジ ハウスキーパー ミホさん

サンプルイメージ

家事代行マッチングサービス「タスカジ」で、掃除と整理収納部門で活躍。ナチュラル洗剤から今話題のお掃除グッズまで、日夜独自に研究。各家庭に合わせた、丁寧なお掃除と心のこもった収納アドバイスでリピーターも多数。100円ショップや身近な道具を使った家事が得意で、主婦目線の簡単で続けられるテクニックが好評。取材歴多数。時短家事コーディネーター。『タスカジさんが実践! 快適! キッチンのスゴ技 収納・しくみづくり・掃除・料理: 時短!家事ラク! お役立ちアイデア集』(徳間書店)でも掃除のワザを多数紹介。

取材協力:タスカジ 


 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

mamiWaka

mamiWaka

語学系出版社でワーキングマザーを経て、現在はフリーのライター・編集者。分かりやすく読みやすい、役立つ記事を目指しています。

連載記事

年末ラクになる週末小掃除テクニック

この連載の記事一覧へ