「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

水あかを溜めない、いつまでもピカピカのシンクを保つためにすべき「食後のひと手間」とは?【タスカジさんに聞く!週末小掃除テクニック】

家のこと

 ゴシゴシ磨かない“ふりかけるだけ掃除術”

2020.11.26

年末が近づいてくると気になるのが家中の大掃除。ただでさえ忙しいのに大掃除なんて、と今から憂鬱になっている方もいるのでは? でも「普段の家事にひと手間加えるだけで、年末の大掃除の必要はなくなります」というのは、家事代行マッチングサービス「タスカジ」ハウスキーパーのミホさん。 今回はキッチンのシンクをピカピカに保つ、カンタンお掃除テクニックをご紹介します!

シンクをピカピカにする必需品。まずはコレを準備!

キッチン泡ハイター(花王)

  

eezym(イージム)パイプクリーナー キッチン用(イーオクト)

  

マイクロファイバーぞうきん(ダイソー)

  

毎日使うキッチンは油汚れなどが気になる場所。特にシンクは油汚れに加えて水あかも溜まりがちです。そこで夕飯を食べ終わり食器を片付けたら、便利なアイテムを使ったカンタンお掃除術をご紹介します。

使うアイテムは「キッチン泡ハイター」と「イージム パイプクリーナー キッチン用」、「マイクロファイバーぞうきん」です。今の時期は特にウィルスや菌などが気になるので、手軽に除菌や漂白ができるアイテムがオススメです。

また排水溝に流すだけで臭いの元となる汚れをキレイにしてくれる「イージム パイプクリーナー」は、酵素が排水管にたまった汚れを分解してぬめりなどをキレイにしてくれます。100%自然由来成分なので、川や海に流れても大丈夫なところもオススメなんですよ。

がんばって磨く必要はなし!夕食後の食器を片付けたら、まんべんなく振りかけるだけ

サンプルイメージ

シンクをピカピカにするには、大掃除でがんばって磨く必要があると思っている方も多いと思います。でも毎日の片付けの最後のひと手間で、がんばって磨く必要はないんですよ。

夕食が終わり食器を片付けたら、「キッチン泡ハイター」をシンクにまんべんなくふりかけましょう。このとき排水溝や食洗機のゴミ受けなど、除菌したいものがあればシンクに並べます。

塩素系漂白剤は乾燥したときに使うとより効果があるので、なるべく水気を切ってくださいね。手につくと荒れてしまうものなので、使う際には手袋などを使って使用してください。

泡がシンク全体に広がるように伸ばし、2~5分置いて流すと、これだけで除菌や消臭、漂白ができます。私は泡を伸ばすこともなく本当に吹きかけるだけですが、毎日行っているため、ぬめりなどはまったくないシンクを保っています。

水で流した後、仕上げにマイクロファイバーぞうきんで拭き上げたら、ピカピカのシンクになりますよ。

実はお家のニオイの原因に?排水溝には寝る前にクリーナーを流すだけ

サンプルイメージ

お家のニオイの原因は、実はパイプからきていることも多いです。今はリビングやダイニングがキッチンに近いことも多く、キッチンのニオイが充満してしまうこともあります。排水溝には「イージム パイプクリーナー キッチン用」をまきましょう。クリーナーをまいた後6~7時間水を流さないようにするため、寝る前にまくといいですよ。

がんばってゴシゴシと磨く必要はもうなく、毎日のひと手間だけでピカピカなシンクを保てます。

教えてくれたのは……タスカジ ハウスキーパー ミホさん

タスカジ ハウスキーパー ミホさん

家事代行マッチングサービス「タスカジ」で、掃除と整理収納部門で活躍。ナチュラル洗剤から今話題のお掃除グッズまで、日夜独自に研究。各家庭に合わせた、丁寧なお掃除と心のこもった収納アドバイスでリピーターも多数。100円ショップや身近な道具を使った家事が得意で、主婦目線の簡単で続けられるテクニックが好評。取材歴多数。時短家事コーディネーター。『タスカジさんが実践! 快適! キッチンのスゴ技 収納・しくみづくり・掃除・料理: 時短!家事ラク! お役立ちアイデア集』(徳間書店)でも掃除のワザを多数紹介。

取材協力:タスカジ 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

mamiWaka

mamiWaka

語学系出版社でワーキングマザーを経て、現在はフリーのライター・編集者。分かりやすく読みやすい、役立つ記事を目指しています。

連載記事

年末ラクになる週末小掃除テクニック

この連載の記事一覧へ