連載記事

自分で見つけるブラジャーぴったりサイズ|インナーウエアコンサルタントが指南!

心と体

stock.adobe.com

2020.12.04

こんにちは、インナーウエアコンサルタントのおぬまともこです。 自分に合うブラジャーがなかなか見つからないことに悩んでいる女性は多いです。様々なブラを着けてみてもぴったり合わないという悩みです。お店で試着をすることが難しい方も多いので自分で合うブラジャーを見つける方法を考えてみます。基本に立ち返ってみましょう。まず「合うブラジャー」ではなく「合うサイズ」を見つけることが基本です。

広告

連載:40歳からのブラジャー選び インナーウエアコンサルタントが指南!

購入前にサイズの目安をつけましょう

ある下着メーカーのアンケート結果を見ると、ブラジャーを購入するときに試着する女性は半数もいないそうです。お店で計ってA75サイズの方が数年後に体型や体重が変わってもA75サイズのブラジャーを着けて「合わない」と悩んでいる・・冗談のようですがよくある話なのです。そのため下着メーカーでは「買い替える度に試着」を勧めていますが試着する女性はあまり増えません。試着できないなら、せめて自分でサイズの目安をつけられるようになりましょう。
体重が2~3kg変わるとブラジャーサイズが変わるといわれています。ブラジャーを購入する前に必ずチェックするようにしましょう。

ブラジャーのサイズ表示を見てみよう

まずブラジャーのサイズ表示を見てみましょう。タグを見るとこのような表示があります。

ブラジャーのサイズはアンダーバストとバスト(トップバスト)で決まります。A75の「75」はアンダーバストのサイズ表示です。「A」はカップサイズ表示でアンダーバストとトップバストの差で決まります。下記の表のように差が2.5cm刻みでカップサイズが変わるのです。

理想はCカップ、Dカップなどの話がありますが、アンダーサイズがあってのカップサイズなので、どのサイズが理想というものではありません。まずは自分のサイズをきちんと把握することから始めてみましょう。

メジャーで計り目安をつける

まず、バストとアンダーバストをメジャーで水平に計ります。自分ではやりにくいので、できれば計ってもらうことをお勧めします。

ヌード状態で計るのが理想ですが、薄い洋服の上からでも目安はつきます。
ここで重要なのは、アンダーベルトはぴったりフィットしてバストを支えるものなので「アンダーはぴったり」、カップはバストを優しく包み込むものなので「バストはふんわり」計るということです。
計った数字を下記の表に当てはめて探してみましょう。

アンダーバスト75cm、トップバスト85cmの場合は、A75サイズであることが分かります。
ただ、これでぴったりしたブラジャーが見つかるわけではありません。あくまでサイズの目安が分かったということです。でも、改めて計ると体型の変化に気づく方も多いと思うので、ブラジャーを購入するときには計ることをお勧めします。

M・L・LLサイズのブラジャー

最近では、素材が進化しサイズに融通性のあるM・L・LL表示のブラジャーが増えました。

この場合は肌着と同じでバスト(トップバスト)を基準にしてあります。アンダーサイズはそのサイズを着用する方の中心値であるものが多いです。素材に伸縮性があるのである程度対応できますが、AAカップやⅮカップ以上の方は合いにくいかもしれません。
サイズが細かく分かれているものは、体型をきちんと補整してくれてキレイなバストラインになるものが多く、M・L・LL表示のものは伸縮性があるのでサイズが合いやすいのですが、メリハリのあるバストにはなりにくいものが多いのです。TPOによって使い分けるのが理想です。

ブラジャーは様々な形の女性のバストを覆う下着です。万人に合うブラジャーを作ることはとても難しいのです。同じサイズだからといって同じブラジャーが合うとは限りません。窮屈感が平気な方と気になる方、カップ上辺にふくらみがある方とない方、サイドにバストが流れている方など、体型も着用感も違うのです。最終的には試着して選ぶことが理想です。
次回は試着した時のチェックポイントをご紹介します。

 

次回は12月11日更新予定です。お楽しみに!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

著者

おぬまともこ

おぬまともこ

下着メーカーでインストラクターを経験後独立。特に悩みが多い40代以降の女性に下着の選び方や基本知識をお伝えしています。TV、ラジオ、雑誌、新聞などに出演。最近ではTVショッピングやWebで下着の紹介などもしています。

気になるタグをチェック!

saitaとは

連載記事

40歳からのブラジャー選び インナーウエアコンサルタントが指南!

広告