「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

40代からの下着の基本!ブラジャーの種類と使い分け【ノンワイヤーブラ編】|インナーウエアコンサルタントが指南!

心と体

 ノンワイヤーブラ

2021.01.22

こんにちは、インナーウエアコンサルタントのおぬまともこです。 最近はノンワイヤーブラの種類が急増しています。 ワイヤーブラはバストラインがきれいでも、着用感が苦しい、洗濯がめんどうなどの声が以前からありました。最近はファッションのカジュアル化がすすみバストラインが目立ちにくい洋服が多くなったこと、ネットで下着を購入する方が増えM・L・LLのサイズ展開のブラも多く選びやすいこと、着用感がラクなどの要因から、ますます需要が高くなっています。 ノンワイヤーブラと言っても様々な種類があります。代表的な種類と特徴と使い分けを見ていきましょう。

ノンワイヤーブラ1:クラシックタイプ

ワコール・グラッピー・ノンワイヤーブラ出典:store.wacoal.jpワコール・グラッピー・脇すっきりきれいブラ ノンワイヤーブラ

年配の女性が着けるイメージのクラシックタイプのブラジャーです。でも侮るなかれ。ノンワイヤーブラでありながらワイヤーブラよりもバストラインをきれいにする補整力が強いものもあるのです。太いストラップ、アンダーベルトとフルカップで年齢を重ねた柔らかく流れやすいお肉をしっかりと包み込みキレイにしてくれるのです。ただ、見た目からデザインにこだわる方からは敬遠されがちです。ワイヤーブラは苦しくて嫌だけどしっかりバストアップしたい方におすすめです。

ノンワイヤーブラ2:サードウエーヴブラ

【ノンワイヤーなのに、あがる】SUHADA ONE 3/4カップブラ出典:store.wacoal.jpワコール 【ノンワイヤーなのに、あがる】SUHADA ONE
3/4カップブラ

「ノンワイヤーブラのやさしい着け心地でワイヤーブラのきれいなバストライン」という目的でつくられたブラジャーです。カップ下辺の素材をしっかりさせてカップ部でバストを支えるという方法で作られています。3/4カップブラのような見た目なのでファッションにも合わせやすく、ラクにラインをきれいにおしゃれしたいという時におすすめです。バストパッドが厚いので、ボリュームアップしたい時にラクにバストが盛れるのも嬉しいところです。

ノンワイヤーブラ3:ブラレット

 ボタニカルレースブラレット出典:www.ellerose-onlineshop.com【アエラブルー】 ボタニカルレースブラレット

ここ数年、注目されているブラジャーです。フルカップに近いしずく形で、デザインがおしゃれで着用感がラクなのが特徴です。後ろホックがないものもあります。パリランジェリー展でも数年前から様々な形が展示されていました。今のブラジャーのトレンドと言えるでしょう。バストをやさしく包み込み無理のない自然なラインを楽しめます。リゾートで着るワンピースの下にゆったりラクにおしゃれに着てほしいブラジャーです。 

ノンワイヤーブラ4:ハーフトップ

スロギー ゼロ フィール ベーシック 2 ハーフトップ出典:jp.sloggi.comスロギー ゼロ フィール ベーシック 2 ハーフトップ

リラックス用のブラジャーです。インナーウエアの上半分を切ってバストパッドを付けたイメージのブラジャーから始まりました。今はお部屋着としてのものから外出用まで様々な形に進化しています。動きやすくお洗濯も簡単で安価なものが多く、普段使いに惜しげなく使えるブラジャーです。

涼ブラ ハーフトップ出典:store.fujibo-ap.jpBVD Ladies 吸水速乾 軽い ムレにくい 涼ブラ ハーフトップ

着用感はとてもラクなのですが、バストアップはあまり期待できません。家事や家でリラックスする時、ブラジャーの窮屈感が気になる体調の時などにおすすめです。

ノンワイヤーブラはトレンド。使い分けが大切です!

今はワイヤーよりもノンワイヤーブラがトレンドと言えます。各下着メーカーからも様々な形が発売されています。着用感も様々なので一度ラクなものに慣れてしまうと、仕事もお出かけもリラックス用ブラという女性も珍しくありません。気づくとバストラインも姿勢も老けた雰囲気になっていませんか?ラクなブラジャーが悪いわけではありませんが、ここはぜひ「使い分け」をしましょう。ファッションやTPOによって魅力的なバストラインは違います。

例えば、スーツのような肩のラインがシャキッとしているときは、高さがあるバストが女性らしく見えます。背筋もすっと伸びて心地よい緊張も感じることができるでしょう。家事をするときはラクなブラジャーの方が動きやすく仕事がはかどります。

またブラジャーを着替えることは気持ちをオン・オフに切り替えることでもあります。バストラインのメリハリは気持ちや生活のメリハリでもあるのです。「使い分け」を意識して選んでみては如何でしょうか。

 

◆おぬまともこ(インナーウエアコンサルタント)

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

おぬまともこ

おぬまともこ

下着メーカーでインストラクターを経験後独立。特に悩みが多い40代以降の女性に下着の選び方や基本知識をお伝えしています。TV、ラジオ、雑誌、新聞などに出演。最近ではTVショッピングやWebで下着の紹介などもしています。

この記事をシェア