連載記事

40代からのブラ選びの基本|インナーコンサルタントが指南!

心と体

www.photo-ac.com

2020.10.09

インナーウエアコンサルタントのおぬまともこです。
年齢とともに変化する女性の体に合った「下着活用術」を皆さんにお届けします。
自分の体や生活に合った下着を身に着けると、見え方はもちろん気持ちもすっきりしますよ。
今回から連載で、ラクに健康的にオシャレを楽しめる下着のイロハをお伝えします!

下着の中でも、自分に合ったものを見つけるのが大変で、つけ方も悩むのが「ブラジャー」ではないでしょうか。

広告

連載:40歳からのブラジャー選び インナーウエアコンサルタントが指南!

下着は日常の生活のQOLに大きく影響する!ブラジャーの役割3つ

出典:www.photo-ac.com

毎日着けるブラジャー。あまりにも身近な下着のせいか「目的」なんて考えませんよね。習慣だから着けている方も多いでしょう。しかし、下着は日常の生活のQOLに大きく影響します。ブラをつけることが苦痛、もしくは窮屈だからカップ付きインナーしか着ていない……そんな方は、何のためにブラジャーを着けるのか今一度考えてみませんか。そして、自分に合ったブラジャーの選び方をマスターしてみましょう!

ブラジャーを着ける目的は、大きく分けて3つあると考えています。
そして、それは年齢によってどれを最優先にするか変わってくるのではないでしょうか。
今回は役割を見返しつつ、40代の女性にとってのブラジャーの意味を考えてみましょう。

ブラジャーの役割①バストラインを整える

出典:www.photo-ac.com

1つ目は「バストラインを整える」ということ。以前はこの目的だけを考えて作られていました。女性のボディにメリハリをつけて美しく見せ、洋服のラインをきれいにするためです。日本でブラジャーが発展したのは戦後、女性たちが和装から洋装に変わった時というのはうなずけます。
今は下垂したバストをアップする、広がったバストを中央に寄せ脇をスッキリさせるといったバストとその周りのボディラインをきれいなラインにする。ブラジャーに一番求められていることではないでしょうか。例えばスーツを着て大切な仕事をする時はある程度の緊張感が大切です。ワイヤーブラでしっかりとバストをシャープにつくり、できる女のスタイルの中にもバストのふくらみで女性らしさを演出する。ブラジャーの上手な活用方法です。

ブラジャーの役割②バストを保護する

2つ目は「バストを保護する」ということ。
あまり意識していませんが、バストはとてもデリケートな場所です。乳腺と脂肪でできているので、とても柔らかく、生理など体調によって張ったり痛くなったりと気になる場所です。また、寒くなるとバストトップが目立つという場合もあります。ブラジャーでバストを包み込み衣服とのスレや動いた時の圧迫や衝撃から守ってくれるのもブラジャーなのです。安心してアウターを着て動けるのはブラジャーのおかげでもあるのですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

 

著者

おぬまともこ

おぬまともこ

下着メーカーでインストラクターを経験後独立。特に悩みが多い40代以降の女性に下着の選び方や基本知識をお伝えしています。TV、ラジオ、雑誌、新聞などに出演。最近ではTVショッピングやWebで下着の紹介などもしています。

気になるタグをチェック!

saitaとは

連載記事

40歳からのブラジャー選び インナーウエアコンサルタントが指南!

広告