暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【防災備蓄の必要性】 災害用じゃなくてもいい!防災備蓄で「不安を安心に」変えよう

saitaPULS編集部

意外と盲点な被災時の「トイレ事情」

出典:www.photo-ac.com

避難所は避難が必要な方のための場所


避難所は避難が必要な方のための場所であり、自宅で暮らせない方の一時的な生活場所です。
物資は避難された方に配られる分しかないことがほとんどなので、自宅待機ができる方は避難所を使わないほうが望ましいです。特にトイレは自宅トイレが使用出来ないからと言って施設を頼ればそれだけ順番待ちが増えますし、衛生面の問題も拡大します。自宅待機が可能な方はライフラインが途絶えた住まいでも数日間過ごせるように平常時から防災備蓄を進めることが大切です。天災により心理的負担が大きくなるときこそ、自分にとっても周りの人にとっても少しでも快適にしたいですよね。

トイレは「どうにかなる」?

出典:bichiku-shunou.or.jp
©一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

意外とトイレの備蓄をしていない方は多いのではないでしょうか。
停電や下水管の損傷から排水が出来なくなるとトイレも使用ができません。それは避難所でも公衆トイレでも同じです。
そのために必要になるのがトイレの凝固剤です。自宅での使用の場合は、箱形の簡易トイレではなく、袋とセットになった凝固剤の用意で十分です。数は1日の回数×人数分×7日以上です。安易な排便方法にすると臭いや衛生面が気になり、体調を崩す原因にもなります。被災時のトイレ対策や用意は必須ですよ。

  • 2
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

Twitterで話題!扇風機にアレを取り付けるともっと涼しくなる!?試してみた

今年の夏も本当に暑いですよね。 この暑さをしのぐために、いろいろなグッズなどが販売されています。 そんな暑さをしのぐ簡単な方法が、Twitterで話題になっています。 それは、扇風機にあるものをセットする方法です。 実際に試してみました。

2

「家が狭い」「モノが多い」「時間がない」それでも住まいをすっきり保つための“片づけ マインド”とは?

「スモールスペースを最大限に活用して、狭くても快適な暮らし」を提案している、ライフオーガナイザー®のさいとう きいさん。「家が狭い」「モノが多い」「時間がない」というさいとうさんが、心地よい住まいを維持するために心がけている“片づけマインド”を教えてくれました。

3

【整理収納アドバイザーが伝授】いつでも必要なモノがサッと取り出せる!カバンの整理術

外出先でカバンの中をガサゴソ……お目当てのモノが取り出せなくて、イライラ…… そんな経験ありませんか?カバンの中は、必要なモノだけを入れ、きちんと整理しておきたいですよね。いつも使っているカバンこそ中身をしっかり管理・整理することで、外出先でも気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。そこで今回は、整理収納アドバイザーの筆者がカバンの中の整理術をご紹介します。

4

この夏はメルカドバッグが大人気!雨の日の憂鬱を吹き飛ばす「水に強くてオシャレなバッグ」3選

雨の日、お気に入りのバッグが濡れてガッカリしたことはありませんか? 濡れたバッグを持ち歩くのも憂鬱ですよね。今回は、雨の日や水辺にぴったりの「水に強いバッグ」をご紹介します。どれも可愛くて普段使いしてもおしゃれなので、ぜひ参考にしてください。

5

【SNSで話題】リュウジさんレシピ作ってみた!10分「チン!」で完成の「鶏チャーシュー」がこく旨!

忙しい日々の中で、毎食の献立を考えながら作るのはひと苦労。今回は少ない材料と電子レンジでパパっと作れてしまう、簡単おいしい「鶏チャーシュー」のレシピをバズレシピで人気のリュウジさんのtwitterで見つけました。 実際に作ってみたので、ご紹介いたします!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP