特集記事

家事に追われてもう疲れた!アンケートから見えた「家事の負担を減らしてラクになるため」のみんなの工夫

ライフスタイル

stock.adobe.com

2020.09.13

自分や家族が在宅ワークで家にいることが増えたり、子どもの園や学校が休校になったりして家にいる時間が増えましたね。
家族がいると増える家事ですが、毎日ピカピカに掃除して、3食しっかり作って、仕事や育児も完璧にこなすのはなかなか難しいこと。いつも家事に追われている……そんな方は、自分を追い詰めないためにも、みんなが取り入れている工夫が参考になるかもしれませんよ!

広告

特集:家事の面倒をなくす“ゼロ家事”術!

とにかく手抜き!手を抜いているのはこんなところ

出典:stock.adobe.com

洗い物は減らしたい!


食事をすると必ず出る洗いものは、なるべく少なくしたいものですね。片付けの手間を少しでも軽くするため、さまざまな工夫をしている声が寄せられていました。

『ワンプレートにすると品数が少なくてもなんとなく見栄えが良いので、8歳の娘にも、3歳の子同様に、ランチはワンプレートにしてます!』

『ホットプレートで済ます』

『たまには紙皿紙コップ』

『米は2日に1回まとめて炊く』

洗濯物はたたみません!


洗濯物を干す際の工夫なども紹介されていました。

『洗濯物を干して乾いたら、ハンガーを外さずにそのままクローゼットへ。そのためハンガーを全て同じ形のものに揃える』

取り込んだ洗濯物で部屋が散らからない方法も参考にしてみてくださいね。

便利なものは何でも取り入れる


『「便利グッズは取り入れる」ようにしてます。
高価な家電を買うのは難しくても、疲れているときは、料理についてはお惣菜やカット野菜、料理の素などを活用したり、しんどいときは掃除なども「クイックワイパー」「トイレ洗浄中」などを使って手間を省いたりと「小さな手抜き」をたくさんするだけで随分楽になるのを、このコロナ自粛中に気づけました』

料理の際にすでにカットされている野菜を使うことや、掃除の際に使い捨てのシートを使うなど、手間を減らすものを活用している声も寄せられました。便利なものはぜひ取り入れて、負担を軽くしたいものですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

 

著者

mamiWaka

mamiWaka

語学系出版社でワーキングマザーを経て、現在はフリーのライター・編集者。分かりやすく読みやすい、役立つ記事を目指しています。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告