連載記事

夫は「教育」したり「育て」たりすべき存在なのか #男性から見た夫のトリセツ

ライフスタイル

www.photo-ac.com

2020.09.06

こんにちは、日本唯一の家事シェア研究家の三木智有です。

普段は子育て家庭を中心にモヨウ替えコンサルタントをしています。いろいろなご家庭に伺って話を聞いているときに、少し引っ掛かる表現があります。それが今回のタイトル。
「夫も家事や育児をしてくれるように私が育てなきゃですよね」というような言葉です。

広告

連載:男性から見た夫のトリセツ

「夫育て」の意識は「家事シェア」にとって実はNG

出典:www.photo-ac.com

ひとりの夫として思うのです。家事育児について妻から「教育」されて「育て」られる関係なんて嫌だ! って。
同じように、妻を「養う」ということもどうも違和感を感じます。

だって、この「教育する」「養う」という関係から、自立したパートナーシップって芽生えないと思いませんか??
とは言え、じつはぼくは妻を「教育」しようと思っていた時期がありました。
妻よりも家事が得意だったぼくは、生活する上で「妻が僕の家事のやり方」を「できるように」教えてあげないとって考えていたのです。

いま考えれば、なんてゴウマンで自分勝手な考えなんだろうと思ってしまいますが、ちょっと「妻」と「僕(夫)」を置き換えて考えてみてください。

「”夫”が”妻”の家事のやり方をできるように(妻が)教えてあげる」

これにもしも思い当たるところがあったら、一旦立ち止まってパートナーシップについて僕と一緒に考えてみましょう。

「夫教育」の弊害① めちゃくちゃ面倒くさいから、自分でやるハメになる

もしも夫を教育するとしたら、何を教育するでしょうか?
料理の手順? 掃除機のメンテナンス方法? 排水溝の掃除の仕方? 手取り足取り教えてはイラついてを繰り返すと、ものすごく面倒くさくなります。結果、いちいち教えるくらいなら「自分でやった方が早い!」ってことになってしまう。

教育するのって、本当に大変で面倒くさいのです。だから、挫折して結局「自分でやる」ってところに落ち着きがち。

そもそも教育とは、本人に学ぶ意欲があるからこそ実を結ぶもの。
その意欲がない人に向けた教育ほどコスパの悪いこともありません。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

 

著者

三木智有

三木智有

NPO法人tadaima!代表 日本唯一の家事シェア研究家/子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルタント。著書に『家族全員自分で動く チーム家事』がある。

気になるタグをチェック!

saitaとは

連載記事

男性から見た夫のトリセツ

広告