「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

週末にまとめて作る“栄養ご飯”のもと|冷蔵庫で余ってしまっている野菜を全部使い切ろう!

料理・グルメ

 週末にまとめて作る“栄養ご飯”のもと|冷蔵庫で余ってしまっている野菜を全部使い切ろう!

2020.08.08

自然食料理人の山田です。今週は冷蔵庫の大掃除。眠っている夏野菜達を引っ張り出してきて、まとめて重ね煮にしてしまいます。
重ねる野菜の種類が増えると、それぞれの旨味が重なり合ってちょっとビックリするくらい豊かな味わいが生まれます。出来上がった重ね煮は、塩だけで味付けしても濃厚。調味料いらずの一品に仕上がります。

分量は大体の直感で大丈夫。きゅうりやオクラなど、余っている夏野菜があればそれを入れてもOKです。我が家だけのオリジナル重ね煮を作っていきましょう。

重ね煮のおさらい

重ね煮とはひとつの鍋の中でたくさんの野菜を重ねてベースを作り、それを使っていろんな料理を簡単に作ろうという調理法のこと。

作った重ね煮は、冷蔵庫で5日位保存出来て、使いたいときに使いたい分だけさっとアレンジできます。先に火を通しているので時短料理になるうえに、たくさん作って使う分だけ取り出せるので、使い勝手が最高なんです。

夏野菜の重ね煮

【材料】

にんじん‥‥‥100g 小さめ乱切り
玉ねぎ‥‥‥‥150g 1cmスライス
かぼちゃ‥‥‥150g 1.5cm角切り
とうもろこし‥1本   削ぎ落とし
ピーマン‥‥‥150g 1.5cm角切り
なす‥‥‥‥‥200g 乱切り
きのこ‥‥‥‥100g スライス

【作り方】

①基本の重ね煮を参考に、上記の順番で重ね煮をしていきます。

②いい香りが立ってきて、にんじんに火が入ってきたら優しくかき混ぜる。

③タッパーに移して、冷めたら冷蔵庫で保存する。

美味しくするワンポイント

材料は全て揃える必要はありません。分量も大体でOK。冷蔵庫にある夏野菜を活用していきましょう。きゅうりやオクラ等も入れることができます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

山田 直

山田 直

神奈川の写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。 後に、オーガニックレストランのキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさに深く感動。学びを深める。 現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、WSにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。

この連載の他の記事

週末にまとめて作る栄養ご飯の元!最強の作り置き「重ね煮」

この連載の記事一覧へ