「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【週末に作り置き】これさえあれば平日がラク!食べてキレイになれるれんこんの重ね煮

料理・グルメ

 【週末に作り置き】これさえあれば平日がラク!食べてキレイになれるれんこんの重ね煮

2020.10.26

自然食料理人の山田です。週末にまとめて作る最強の作り置き「重ね煮」。なぜ最強かというと、これ一品あればたいていの料理が超時短で作れるからです。
今週はレンコンの重ね煮と、そのアレンジ方法をご紹介します。
いろんな根菜の美味しい季節になってきました。中でもれんこんは、重ね煮と相性がとてもいいです。加熱してもシャキシャキの食感が残り、女性にとって大切な栄養素のビタミンCも崩れにくいです。爽やかなサラダにもアレンジが簡単。今回はれんこんを薄めにカットして、とても使いやすい重ね煮にしていきます。

重ね煮の基本

重ね煮とはひとつの鍋の中でたくさんの野菜を重ねてベースを作り、それを使っていろんな料理を簡単に作ろうという調理法のこと。
鍋底に軽く塩を降り、順番に野菜を重ねたら上にも軽く塩を降り、無水(焦げるようなら差し水を)、弱火でじっくりと火を入れてたら出来上がりです。

美肌のもとになるレンコンの重ね煮

【材料】

れんこん‥‥‥‥‥‥‥250g  薄めのいちょう切り
にんじん‥‥‥‥‥‥‥80g  細めの千切り
玉ねぎ‥‥‥‥‥‥‥‥ 150g  千切り 
きのこ‥‥‥‥‥‥‥‥ 100g  スライス

差し水‥‥‥‥‥‥‥‥ 50cc

【作り方】

①基本の重ね煮の図を参考に、上記の順番で重ね煮をしていきます。
②いい香りが立ってきて、にんじんに火が入ったら優しくかき混ぜる。
③タッパー等に移して、冷めたら冷蔵庫で保存する。

美味しくするワンポイント

今回のれんこんは薄めにカットしてください。火の入り方が良くなり重ね煮が短時間で出来て、サラダや和物にも使いやすい重ね煮になります。

レンコンの重ね煮アレンジ① れんこんと厚揚げの甘酢あんかけ

甘酸っぱいたれがれんこんと厚揚げにからんで食欲をそそります。お肉でも美味しく出来ます。

【材料】(2人分)
重ね煮‥‥‥‥‥‥200g
厚揚げ‥‥‥‥‥‥1/2枚 短冊切り

(調味料)
しょうゆ‥‥‥…大さじ1
酢‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
みりん‥‥‥‥‥‥大さじ1
酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
しょうが‥‥‥‥ ひとかけ すりおろし

(とろみ)
片栗粉‥‥‥‥‥小さじ1
水‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1

ごま油‥‥‥‥‥ 大さじ1/2

【作り方】
①ごま油で厚揚げを炒め、色目がついたら重ね煮を入れ軽く炒めます
②調味料を合わせ①へ入れ、一煮立ちさせる。
③片栗粉を水でとき②へ少しずつ入れ、とろみをつけて出来上がり。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

山田 直

山田 直

神奈川の写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。 後に、オーガニックレストランのキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさに深く感動。学びを深める。 現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、WSにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。

この連載の他の記事

週末にまとめて作る栄養ご飯の元!最強の作り置き「重ね煮」

この連載の記事一覧へ