「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【週末の作り置き】「皮ごと食べてデトックス」新じゃがいもの重ね煮

料理・グルメ

 新じゃがいも

2021.04.03

自然食研究家の山田 直です。今週は皮ごと美味しい新じゃがいもの重ね煮をご紹介いたします。

蔵などで寝かせていない今年とれたての新じゃがいもは、小粒で身も皮も柔らかく、水分量が多い・香りが高いなどの特徴があります。ビタミンC含有量も多いそうです。皮ごとまるまる食べることで、食物繊維も栄養も逃さずたっぷり摂取でき、高いデトックス効果が期待できます。

茹でてバターを塗って皮ごとさっと食べても美味しいのですが、重ね煮にして水々しさと香りを鍋全体にまわすと、とてもしっとりしたそのままでも美味しい重ね煮になります。ポテトサラダもホクホクというよりもクリーミー。菜の花などの春の苦味のある食材と合わせて、華やかにアレンジしていきましょう。

まずは、ベースになる重ね煮を作っていきます。

新じゃがいもの重ね煮

新じゃがいもの重ね煮

【材料】

  • にんじん‥‥‥‥    80g   千切り
  • 玉ねぎ‥‥‥‥‥    150g   千切り
  • 新じゃがいも‥‥  600g 5mmいちょう切り
  • きのこ‥‥‥‥‥    150g   太めのカット※
  • 差水‥‥‥‥‥‥  50cc

※しいたけ・エリンギなど、食感が出るきのこを何種類か混ぜると味わいが増します。

【作り方】

  1. 鍋底に塩を3本指でひとつまみ振り、きのこ→新じゃがいも→玉ねぎ→にんじんの順に重ねてから、上にもひとつまみ塩を振る。
  2. 差水をしてから蓋を閉め、極弱火にかける。
  3. 15〜20分くらいで野菜から水が出て来て対流が起こります。
  4. 良い香りが立ってきたらじゃがいもに串を通して、ある程度柔らかくなっていたらそっとかき混ぜて出来上がり。
  5. タッパーなどに移して冷まし、冷蔵庫で保存します。


※3~5日くらい保存可能です。
※使い切れない時は小分け冷凍し、そのまま味噌汁などに使えます(冷凍の場合1ヵ月程度保存可能)
基本の重ね煮が作り方のベースになります。

美味しくするワンポイント

重ね煮完成

気にならなければ、新じゃがいもの皮はそのまま使いましょう。煮込みすぎると柔らかい新じゃがいもが崩れてしまうので、串が入ればもうOKです。

重ね煮アレンジ1:新じゃがいもとアスパラガスのにんにく炒め

新じゃがいもとアスパラの炒め物

【材料2人分】

  • 新じゃがいもの重ね煮‥‥‥300g
  • アスパラガス‥‥‥‥3本(約100g)
  • にんにく‥‥‥‥‥‥‥1片
  • しょうが‥‥‥‥‥‥‥同量
  • 酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
  • サラダ油‥‥‥‥‥‥‥大さじ1と1/2
  • 塩こしょう‥‥‥‥‥‥適量
  • しょうゆ‥‥‥‥‥‥‥小さじ1


【作り方】

  1. アスパラガスを軽い塩水で1分半ほど茹でて、3〜4cm幅に切っておきます。
  2. フライパンにサラダ油を引き、弱火でにんにく・しょうがを炒め、香りが立ってきたら酒を入れ馴染ませます。
  3. 新じゃがいもの重ね煮と1を入れ炒め、塩こしょうとしょうゆで味を整えて出来上がり。

重ね煮アレンジ2:菜の花のポテトサラダ

新じゃがいもと菜の花のポテトサラダ

【材料2〜3人分】

  • 新じゃがいもの重ね煮‥‥‥200g
  • 菜の花(ゆで)‥‥‥‥‥‥50g
  • マヨネーズ‥‥‥‥‥‥‥‥30g
  • マスタード‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1〜2
  • 塩こしょう‥‥‥‥‥‥‥適量

【作り方】

  1. 菜の花を軽い塩水で1分半ほど茹でて、冷めたら軽く水を絞って1cm幅でザクザク切っておく。
  2. ボールなどに新じゃがいもの重ね煮を入れ、フォークの背でじゃがいもを荒く潰します。
  3. 2にマヨネーズとマスタードを入れよく混ぜ合わせ、菜の花も入れてさらに混ぜ、塩こしょうで味を整えて出来上がり。

重ね煮アレンジ3: 新じゃがいもとたらの味噌煮

新じゃがいもとたらの味噌煮

【材料2人分】

  • 新じゃがいもの重ね煮‥‥‥200g
  • たら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥2枚
  • ごま油…………………………大さじ1

(調味料)

  • みそ‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ2
  • しょうゆ‥‥‥‥‥‥小さじ1
  • 酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ2
  • 水‥‥‥‥‥‥‥‥‥200ml

【作り方】

  1. 鍋にごま油を引いて、たらを両面焼きます。
  2. 1に新じゃがいもの重ね煮を入れ軽く油を回して、調味料を入れます。
  3. 蓋をして弱火で煮込み、煮汁が半分くらいになったら出来上がり。
  4. お好みで七味、バターなどを加えてください。


まとめ
新じゃがいもの重ね煮は淡白な味わいなので、少しコクのあるものと合わせて食べるとバランスがいいですね。チーズを振ってオーブン焼きにしたり、オイル焼きにしたり、バターを軽く加えたり。お味噌汁に入れても香りがたって美味しいです。

食物繊維がたっぷり入ってますのでデトックスもバッチリ。さらに菜の花やたらの芽などの春苦野菜と合わせれば、カラダの中の余分なものの排泄も進めてくれます。春の香りを楽しむ重ね煮、是非試してみてください。


著者

山田 直

山田 直

神奈川の写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。 後に、オーガニックレストランのキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさに深く感動。学びを深める。 現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、WSにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。

連載記事

週末にまとめて作る栄養ご飯の元!最強の作り置き「重ね煮」

この連載の記事一覧へ