「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【週末の作り置き】「春のからだの大掃除」春野菜のデトックス重ね煮

料理・グルメ

 【週末の作り置き】「春のからだの大掃除」春野菜のデトックス重ね煮

2021.03.27

自然食料理家の山田 直です。 今週は旬の春野菜をたっぷりと使ったデトックス重ね煮をご紹介いたします。

「新」と名がつく野菜が出回るこの季節。新玉ねぎ・新じゃが・新キャベツなど、皮が柔らかく瑞々しいものが美味しいですよね。これらの野菜は冬に溜まった老廃物の排泄や解毒作用を助けるものが多いと言われています。古い皮を脱ぎ捨てて新しい衣をまとうようなイメージですね。

今回は、そんな野菜たちをかき集めて、日々のデトックスに活かせるスープなどにしていきます。1週間、毎日この重ね煮アレンジを食べ続けてみてください。きっと軽やかな身体に驚くことでしょう。新しい季節の新しい身心を作る重ね煮です。

春野菜のデトックス重ね煮

春のデトックス重ね煮

まずはベースになる重ね煮を作っていきます。

【材料】

  • 新ごぼう‥‥‥‥‥   100g 5mm角切り
  • れんこん‥‥‥‥  100g   5mm角切り
  • にんじん‥‥‥‥    100g 5mm角切り
  • 新玉ねぎ‥‥‥‥‥   200g   1cm角切り
  • 新じゃがいも‥‥‥ 200g   1cm角切り
  • 新キャベツ‥‥‥‥   300g   1cm角切り
  • きのこ‥‥‥‥‥    100g   1cm角切り※
  • 塩‥‥‥‥‥‥‥    ひとつまみ
  • 差水‥‥‥‥‥‥    50〜100ml


※しいたけ・エリンギ・えのき・しめじなど、きのこを何種類か混ぜると味わいが増します。


【作り方】

  1. 鍋底に塩を3本指でひとつまみ振り、きのこ→キャベツ→じゃがいも→玉ねぎ→にんじん→れんこん→ごぼうの順に重ねてから、上にもひとつまみ塩を振る。
  2. 差水をしてから蓋を閉め、極弱火にかける。15〜20分くらいで野菜から水が出て来て対流が起こります。
  3. 良い香りが立ってきたらにんじんを食べてみて、ある程度柔らかくなっていたらそっとかき混ぜて出来上がり。
  4. タッパーなどに移して冷まし、冷蔵庫で保存します。


※3~5日くらい保存可能です。
※使い切れない時は小分け冷凍し、そのまま味噌汁などに使えます(冷凍の場合1ヵ月程度保存可能)

基本の重ね煮が作り方のベースになります。ご参照ください。

美味しくするワンポイント

重ね煮完成

皮までそのまま食べやすい新野菜が良いですが、無ければ普通の野菜でも大丈夫です。材料も全部なくてもOK。じゃがいもの代わりにかぼちゃという風に、冷蔵庫のあるもので工夫して作ってみてください。

出来た重ね煮を使って簡単アレンジしていきましょう。
 

重ね煮アレンジ1: デトックス塩麹スープ

塩麹スープ

【材料2人分】

  • 春野菜のデトックス重ね煮‥‥‥300g
  • 菜の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥適量
  • 水‥‥‥‥‥‥300ml
  • 塩麹‥‥‥‥‥大さじ1と1/2〜大さじ2
  • しょうゆ‥‥‥小さじ1/2
  • こしょう‥‥‥少々

【作り方】

  1. 菜の花は1分半ほど軽い塩水を沸かし茹でてざるにあげ、冷めたら食べやすいお大きさにカットします。
  2. 鍋に水を沸かし春野菜のデトックス重ね煮を入れ、1分ほど軽く煮込んだら火を止め、塩麹と醤油で味を整えます。こしょうを適量振って完成。

重ね煮アレンジ2: 野菜マーボー豆腐

野菜マーボー豆腐

【材料2人分】

  • 春野菜のデトックス重ね煮‥‥‥200g
  • れんこん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30g
  • お好きな豆腐‥‥‥‥‥‥‥‥‥1/2丁
  • ブロッコリー(茹で)‥‥‥‥‥適量
  • ねぎ‥‥‥‥‥‥‥‥中1本
  • ごま油‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
  • にんにく‥‥‥‥‥‥1片
  • しょうが‥‥‥‥‥‥同量
  • 酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1

(調味料)

  • しょうゆ‥‥‥‥‥‥大さじ2
  • みりん‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
  • 酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
  • 甘酒‥‥‥‥‥‥‥‥20ml
  • ごまペースト‥‥‥‥小さじ1/4
  • 豆板醤‥‥‥‥‥‥‥小さじ1/4
  • 水‥‥‥‥‥‥‥‥‥50ml

(とろみ)

  • 片栗粉‥‥‥‥‥‥‥小さじ2
  • 水‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ2


【作り方】

  1. 調味料を全てよく合わせておきます。
  2. フライパンにごま油を引き、みじん切りにしたにんにく・しょうがを弱火で炒め、色よく香りが立ってきたら酒を入れ、さらに刻んだネギを炒めます。
  3. 1に5mm角にカットしたれんこん、春野菜のデトックス重ね煮の順で軽く炒めます。
  4. 調味料と豆腐を入れ、フライパンを揺すりながら煮込み味をしみ込ませます。
  5. ゆでたブロッコリーを入れ、水で溶いた片栗粉をまわし入れ、とろみをつけて出来上がり。

重ね煮アレンジ3: みそワンタンスープ

味噌ワンタンスープ

【材料2人分】

  • 春のデトックス重ね煮‥‥‥‥120g
  • ワンタンの皮‥‥‥‥‥‥‥‥6枚
  • ルッコラやわさび菜など‥‥‥適量
  • 水‥‥‥‥‥‥‥‥…400ml
  • みそ‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ2
  • おこのみでバター‥‥適量


【作り方】

  1. ワンタンは斜め半分に切って、三角折りを2回して形を整えます。
  2. 鍋に水を入れ沸かし、春のデトックス重ね煮とワンタンの皮を入れて2分ほど皮が透き通ってくるまで煮込みます。
  3. 味噌を溶かしてお好みでバターを適量の入れ、ルッコラやわさび菜などの絡みのある野菜を盛って出来上がり。

野菜を楽しんで摂ろう!

重ね煮は季節によって野菜がどんどん変わっていきます。春は柔らな新野菜を中心に、少し苦味のあるルッコラや、からし菜、菜の花などを加えると身心を整える効果が上がっていきます。是非華やかな色合いも加えて、春のデトックス重ね煮を楽しんでみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

山田 直

山田 直

神奈川の写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。 後に、オーガニックレストランのキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさに深く感動。学びを深める。 現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、WSにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。

この連載の他の記事

週末にまとめて作る栄養ご飯の元!最強の作り置き「重ね煮」

この連載の記事一覧へ