「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【世界の珍缶ファイル01】こんなに面白い缶詰が世界にはある! #缶詰博士の缶詰名缶(鑑)

料理・グルメ

 世界の名缶 面白い缶詰の世界

2021.02.14

みなさん缶にちは! 缶詰博士の黒川勇人です。今回は世界の面白缶詰5品を紹介しましょう。僕が缶詰大好き人間になったのも、これらの“珍缶”を知ったからなんです。 日本にもかなり面白い珍缶があるので、それも紹介しますぞー!

珍缶1:日本の食材の代表枝豆が海外で美味しい缶詰に

缶詰

缶詰イギリス / 枝豆缶 固形量210g 約280円

ロンドンで見つけた枝豆の缶詰。枝豆は今や和食の代表格でもあるのに(海外でもEDAMAMEという言い方で通る)、日本に枝豆缶はない。それなのにイギリスでは造られ、売られているなんて、何だか悔しい。
これは枝豆を水で煮ただけの缶詰で、味付けは一切なし。枝豆本来の香りは薄いけど、ちゃんと薄皮もついてるし、歯応えを残しつつ柔らかく炊いてあるのはなかなか見事です。

珍缶2:中身はまさかの空気!富士山頂に上った際のさわやかな気持ちになれるかも…?

缶詰

缶詰日本 / 富士山頂の空気 1000円(税別)

その名のごとく、富士山頂の空気が入った缶詰。ちゃんと缶を山頂まで運び、現地で密封しているそうな。
開けた瞬間、中から冷たい空気がシュッと飛び出して……ということはまったくなし。急いで鼻を寄せてスンスンしましたが、アルミ缶の匂いしかしませんでした。鈍感な自分が憎い!
おまけなのか、中に鈴が1コ入っていて、振ると可愛い音がしますぞ。

珍缶3:食べたことがある人はわかる、めちゃくちゃ美味しいフムスの缶詰

缶詰缶詰

缶詰レバノン / フムス 380g 価格は失念

フムスは中東地域の伝統料理。ひよこ豆を茹でて潰し、ごまペーストや塩、スパイスなどを加えてよ〜く混ぜたもの。肉や魚を使わない料理なので、今では世界中のベジタリアンに愛されております。
手作りすると手間が掛かるから、こんな缶詰がありがたい。お味はかなり濃厚で、酸味があるのは好みが分かれるかも。オリーブオイルをたっぷりかけて、好みの野菜を添えるのがオススメです!

珍缶4:ホラー映画に出てきそうなネーミング、その名も「血のサラミ」

缶詰

缶詰ドイツ / 血のサラミ

血のサラミとは恐ろしい気がするが、ヨーロッパではメジャーな食べ物であります。肉と脂だけでなく血を加えることで、独特のコクが出るのだ。
で、そんなサラミもちゃんと缶詰になっております。パッケージにはスライスしたサラミの写真が印刷されているけど、実際の中身はそうでない。皮に詰める前の具だけが、ぎゅうぎゅうに入っているのであります。
お味はレバーペーストに似ていて、スパイスとハーブがかなり利いてますぞ。

珍缶5:缶詰とは思えないクオリティ!缶バーグ

缶詰

缶詰日本 / 缶バーグ 160g 900円(税別)

ハンバーグが丸々ひとつ入った驚きの缶詰。味付けはデミグラスソースと和風の2種類がある。
缶ごと湯せんすると素晴らしい香りが立ち上がり、たちまちお腹がぐーっと鳴る。半分に切ると断面からきらきら輝く肉汁が流れてくる。これが缶詰で食べられるなんて信じられないクオリティ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

黒川勇人

黒川勇人

日本缶詰協会公認の缶詰博士として、様々なメディア出演や執筆活動で活躍。日々世界の缶詰を食している世界一の缶詰通。 著書に「缶詰博士が選ぶ!「レジェンド缶詰」究極の逸品36」(講談社+α新書)、「旬缶クッキング」(共著・春風亭昇太 ビーナイス)など。

この記事をシェア

この連載の他の記事

缶詰博士の缶詰名缶(鑑)

この連載の記事一覧へ