「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

缶詰の常識を覆す!思わずパケ買いしたくなるおしゃれ&可愛い缶詰5選#缶詰博士の缶詰名缶(鑑)

料理・グルメ

 缶詰博士の缶詰名缶(鑑)缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ その1

2021.04.04

みなさん缶にちは! 缶詰博士の黒川勇人です。缶詰の魅力はたくさんあるけど、見逃せないのがパッケージデザイン。おしゃれなもの、可愛いものなどさまざまあって、眺めているとまるで雑貨品のよう。 そこで、みなさんに「一度は手にとって見てほしい」缶詰を紹介する「パケ買いしたい缶詰シリーズ」が始動! 初回は5缶を紹介します!

【連載】缶詰博士の缶詰名缶(鑑)

目次

缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ1「きんめ缶バジル入オリーブ油」
缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ2「ラ・カンティーヌ さばフィレ」
缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ3「レモ缶北海道ほたて」
缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ4「ホヤのアクアパッツァ」
缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ5「黒豚の白ワイン煮込み」

缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ1「きんめ缶バジル入オリーブ油」

サンプルイメージ

さんぷるきんめ缶バジル入オリーブ油 90g 参考価格700円ほど

伊豆・下田港で水揚げされた金目鯛を、バジル入りオリーブオイルで煮込んだ「きんめ缶バジル入オリーブ油」。外箱はバジルの色を連想させるグリーンがベースで、よく見るとうろこ模様が描かれている。そして金色の丸は金目鯛の大きな目を表しているのだ。何と愛らしいことよ!

味付けは塩のみで、金目鯛の繊細な風味が味わえる。茹でたパスタと油ごと和えたりするとウマし。

缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ2「ラ・カンティーヌ さばフィレ」

サンプルイメージ

サンプルラ・カンティーヌさばフィレ 100g 4缶1800円(1缶450円)

一見すると陶器にしか見えない「ラ・カンティーヌ さばフィレ」。もちろん金属の缶なのだけど、青みがかった白地といい、青いボタニカル柄といい、まるでポルトガル名産の陶器「アズレージョ」のよう。別名”缶界のおしゃれ番長”であります。

骨と皮を取ったさばをエクストラバージンオリーブオイルに漬けていて、味付けは塩のみ。さば特有の匂いがほとんどしないので、魚嫌いの人にはとくにオススメ!

缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ3「レモ缶北海道ほたて」

サンプルイメージ

サンプルレモ缶北海道ほたて 55g 540円

ホタテをレモンバターで味付けした「レモ缶北海道ほたて」。広島名産のレモンをシルエットにし、その上にすっきりした書体で商品名が書かれている。ちょっとレトロな雰囲気もあって、可愛いデザインであります。

うまみが凝縮した北海道ホタテに、バターのミルキーな風味と広島産レモンの爽やかさ。旬の温野菜と合わせるとウマー。

缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ4「ホヤのアクアパッツァ」

サンプルイメージ

さんぷるホヤのアクアパッツァ 95g 1296円(税込)

これはちょっと珍しいホヤを使ったグルメ缶詰「ホヤのアクアパッツァ」。正面はホヤ内部の色・オレンジ色を中心にし、その端が雫のように側面に垂れるデザイン。みずみずしさを思わせる素晴らしいデザインだ。

ホヤは苦みが特徴で、好みがはっきり分かれる食材でもある。でもこの缶詰は昆布だしやにんにくを利かせ、特有のクセをかなり抑えているので、ホヤビギナーの人でも食べやすいと思う。

缶詰博士が選んだ!パケ買いしたい缶詰シリーズ5「黒豚の白ワイン煮込み」

サンプルイメージ

さんぷるさんぷる黒豚の白ワイン煮込み 75g 540円

鹿児島県産黒豚のハラミ、サガリ、赤肉を白ワインで煮込んだ「黒豚の白ワイン煮込み」。どうですかこの愛らしさ! トリコロールカラーの前掛けをした黒豚さんが、赤ワインの入ったグラスを持ってゴキゲンだ。つまりこの缶詰は「赤ワインに合いますよ!」と言っているのだ。折り紙のように組まれた外箱は、どの面にも商品情報やアレンジレシピがぎっしり。食べたあとも取っておきたくなる。

内臓肉のハラミとサガリ(どちらも横隔膜付近)が入っているので、ホルモン好きの人なら絶対好きになるはず。

 

今回はパケ買いしたくなる缶詰5缶を紹介しました。デザインが美しいと、キッチンに置いてあるだけで気持ちがあがります。みなさんもお店やネットショッピングで、ぜひお気に入りの1缶を見つけてください!

著者

黒川勇人

黒川勇人

日本缶詰協会公認の缶詰博士として、様々なメディア出演や執筆活動で活躍。日々世界の缶詰を食している世界一の缶詰通。 著書に「缶詰博士が選ぶ!「レジェンド缶詰」究極の逸品36」(講談社+α新書)、「旬缶クッキング」(共著・春風亭昇太 ビーナイス)など。

この記事をシェア

この連載の他の記事

缶詰博士の缶詰名缶(鑑)

この連載の記事一覧へ