暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ライフスタイルの記事一覧

浮気を見て見ぬふりするのがいい女!? #日常にある小さな違和感

旦那さんや彼氏など、パートナーの浮気が発覚したら……。 ショック、怒り心頭、ただただ落ち込むなど、とにかく平静ではいられないはず。それでも「浮気をさらっと許すのがいい女」という説がまかり通っている世の中にはなんだか違和感! バリキャリ女子による社会派インスタが話題の川村真木子さんと、Twitter界で大人気の女子大生、胎盤JDさん。立場も世代も違うおふたりが考える、浮気との向き合い方とは?

ステイホームを支えてくれた人々へ感謝の気持ちを伝えたい!

この3か月ほど、新型コロナウイルスの影響により、世界中の人々が想像もしていなかった生活を送ってきました。感染症予防のために、これまで当たり前に過ごしていた日常から、ほぼ家から出ないという非日常の日々に。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための不要不急の外出をせずに生活をすることができたのは、その生活を支えてくれるさまざまな職業の方の頑張りがあったからこそです。 緊急事態宣言が全国で解除となり、徐々に経済活動が再開しようとしている今、改めて感謝を伝えたいと思います。

ライフオーガナイザーさいとうきいさんの#やめたこと#始めたこと

コロナウイルスの世界的な流行により、私たちの生活は大きく変わっていきそうです。 勤務スタイルや外出頻度、外出時のマスク着用など、多くの人が新しい習慣をこなしながら日々を過ごしているかと思います。そんな変化の時代に、これまでやってきたけど「やめたこと」さらには今回を機に「始めたこと」ってみんなあるんじゃないか?という思いから、暮らしのプロに取材をしました。 第一回目はライフオーガナイザーのさいとうきいさんの「#やめたこと#始めたこと」。狭いスペースを最大限に生かした快適な暮らしを提案してきたさいとうさんは、何を手放し、何を始めたのでしょうか。

【日常にある小さな違和感】あえて言いたい!キャバクラだって浮気の一種だと思う! 

「バリキャリ女子のこじらせコラム」というインスタグラムが大反響を呼んでいる金融業界で活躍する川村真木子さんと、フォロワー15万とTwitter界で大人気の現役女子大生、胎盤JDさん。お互いにsnsをチェックしていて、以前からファンだったと口をそろえて言うおふたり。実際にはじめてコンタクトをとったきっかけは、川村さんによる「キャクバラに行くのだって浮気」という投稿に、胎盤JDさんがいたく共感したことから。女性目線から見たキャバクラのとらえ方や、女性のあるべき姿勢について熱く語っていただきました。

密を避けたい!でも買い物にはいかないと…上手に買い物するためのお役立ちアプリ

新型コロナウイルス対策として、密閉、密集、密接、いわゆる「3密」を避けることが求められています。しかし、日々の暮らしを維持するために、買い物に行かないわけにはいきません。 そこで、なるべく効率よく、短時間で買い物を済ませるためのお役立ちアプリをご紹介していきます。

言葉の使い方を変えるだけ!パートナーへの上手な頼み方 #すばらしき日本語

ほんの少し言葉を変えるだけで、ガラリと印象が変わる日本語。清水由美さんの著書『すばらしき日本語』には、知っておくと普段の生活のコミュニケーションがぐっとラクになる知恵が詰まっています。今回はsaitaPULS読者が一番知りたかったであろう「パートナーのやる気スイッチを入れる魔法の言葉」です。

前髪を切るか、切らないか。 #大人だからこそ楽しむ絵本

地域によって程度の差こそあれ、外出の自粛期間も早くも3か月目。そろそろ目に見えない不安に心が摩耗し始めていませんか? そんな時だからこそ、自分のために絵本を読んでみてほしいのです。 「絵本ナビ」編集長の磯崎園子さんに「大人だからこそ読みたい絵本」を紹介してもらうコラム第3弾のはじまり、はじまり。

梅雨時でも「部屋干し臭」が残らない速乾テクニックとは?鍵は“湿度コントロール”にあり!

まもなくやってくる梅雨の季節。雨ばかりで外干しができず、部屋干しをしても湿度が高くてなかなか乾かなかったり、臭いが気になるなど、洗濯に関してお困りの方も多いのではないでしょうか。 部屋干しをすると部屋の湿度がさらに高くなり、洗濯物がますます乾きづらいといった悪循環にになりがち! 生乾きの洗濯物は雑菌が繁殖しやすく、部屋干し特有の臭いも気になりますよね。そんなお悩みは、除湿機を上手に活用した速乾術で解決しましょう!

家庭、職場、学校、近所……お付き合いを円滑に進める話し方 #すばらしき日本語

人間関係がもっとスムーズにいけばいいのに……こんな悩み、誰もが持っていますよね。どんなコミュニティーでも、自分が「一目置かれる存在」になれば、人間関係は円滑に進むもの。そこで、『すばらしき日本語』の著者、清水由美さんに、相手に一目置かれる「頭のいい話し方」について教えてもらいました。

今こそ暮らしをシンプルに。整理収納アドバイザーが提案する「自分にとって心地いい住まいづくり」

外出自粛や在宅勤務の日々が続き、おうちで過ごす時間が増えましたね。 この機会に暮らしを見直したい! シンプルな暮らしがしたい! とお考えの方も多いのではないでしょうか?  自分にとって心地いい暮らしを見つけるために、シンプルな暮らしを手にするために私が実践したことをご紹介します。

言葉遣いに気をつけて夫婦喧嘩を長引かせない!上手な謝り方 #すばらしき日本語

ちゃんと謝らなければいけないのに、ついつい言い訳めいた謝罪をしてしまった、という経験、誰にでもありますよね。 そんな謝罪は言う方も言われる方も、後味が悪いもの。そこで、『すばらしき日本語』の著者、清水由美さんに、喧嘩を長引かせない、謝罪の言葉を教えてもらいました。

新型コロナウイルスによる所得減……今後深刻になる住宅問題に 対応してくれるサービスが!

新型コロナウイルス対策のための外出自粛とそれに伴う経済活動の停滞。その影響で、所得が減少し続けている人や、失業する人も増えています。 もし、今までと同じ生活水準を保つことが困難なら、ぜひ知っておきたい住宅サービスの窓口があります。それが、日本最大級の不動産住宅情報サイトLIFULL HOME'Sの「FRIENDLY DOOR」。

「住宅弱者」という言葉を知っていましたか?シングルマザーや外国籍の人が直面する住居の問題とは

「住宅弱者」という言葉を聞いたことはありますか?まだあまり知られていませんが、世の中には、住まいの選択肢が限られている「住宅弱者」と呼ばれる人たちがいます。

前向きに乗り越えたい!みんなが実践している6つのストレス解消法

長引く外出自粛の中、在宅ワークに家族のご飯作り、子どもの相手などやるべきことは多く、ストレスが溜まってそろそろ限界……という方も多いかもしれませんね。 そんな中、あなたはどのように息抜きしていますか? 緊急事態宣言が一部解除されたとはいえ、まだまだ予断を許さない状況。このまま収束させるためにも、今しばらくの我慢が必要そうです。  ストレスを溜めないために、日々行っていることはさまざまなことがあると思います。そこで今回は皆さんのストレス解消方法を聞いてみました。

子どもを産んでから夫が名前を呼んでくれない……それ悲しまなくて、いいんです! #すばらしき日本語

同じ人を指している言葉なのに、君、あなた、お前、あんた、など、日本語はその種類が驚くほど豊富です。 こんな風に、日本語ネイティブだからこそ案外気付いていない日本語の面白さが書かれているのが、清水由美さんの著書『すばらしき日本語』。 saitaPULSの読者の生活に役立ちそうな言葉をピックアップして紹介します。

旅行はまだまだできないから。お出かけ気分の「家キャンプ」で非日常なおうちじかんを楽しもう!

地域によっては外出自粛も緩和される傾向にありますが、安心して子どもを外で遊ばせるのにはまだまだ難しい日々。長引くおうち時間に飽きてしまい、親も子どももストレスが溜まる一方…という方も多いですよね。そんな単調なおうち時間を、SNSでも話題の「家キャンプ」で、楽しくリフレッシュさせてみませんか? 「家キャンプ」は大きく分けて3種類。室内で気軽に「部屋キャン」、ベランダでまったり「ベラキャン」、庭やガレージで少し本格的な「庭キャン」。ステイホーム中でも、日常を取り戻した後でも気分や用途に合わせて気軽に楽しめる「家キャンプ」の魅力をご紹介します。

自粛生活で感じたパートナーへの素直な感情。7割の人が「一緒にいられて嬉しい」と回答!?

自粛生活が続く中、家族全員が揃って過ごす時間が増えています。テレワークを推奨する企業も増え、多くの夫婦が結婚してから初めてと言っていいくらい多くの時間を共に過ごしていますよね。 パートナーとの関係は、変化しましたか? 変化した場合、それは良いほうに? それとも……?

「おうち時間」をもっと楽しく!「プチ模様替え」のすすめ

在宅勤務や外出自粛でおうちにいる時間が長い今、ストレスもたまりがちで、なんだか気分がマンネリ……という方多いのではないのでしょうか? そんな気分転換したいな…という方におすすめなのが「プチ模様替え」! プチ模様替えで、お部屋も気分もリフレッシュして、おうち時間を気持ちよく過ごしませんか?

オンラインで繋がろう!自粛中でも、子がいても!オンラインならランチや飲み会ができちゃう

新型コロナウイルス対策のため子どもたちの学校の休校となり、外出自粛で家に子どもたちと24時間一緒にいる生活に疲れが出てきたころではないでしょうか。 家族以外の大人と話ができない状況は思いのほかストレスにもなっているのかもしれません。 しかし、インターネットの力を使えば、人と人との物理的距離を保ったまま、親しい人たちとランチや飲み会ができちゃいますよ。

「おうち時間」が増えて女子力が低下中の今だからこそ!美しさと免疫力アップを叶える「美容睡眠」とは?

新型コロナウイルスとの地道な根競べが続くこの春。テレワークや外出自粛などで必然的に「おうち時間」が増えたという家庭がほとんどではないでしょうか。この特別な時間をポジティブにとらえて、普段ついおろそかにしがちな「睡眠」について家族でじっくり考えてみませんか? 教えてくれるのは、寝具でおなじみの西川のスリープマスター。スリープマスターとは、西川・日本睡眠科学研究所認定の資格を取得し、科学的な視点も取り入れつつ快適な睡眠環境作りをアドバイスしてくれる、まさに眠りのスペシャリストです。こんなときだからこそ日々の健康や美容に直結する「美容睡眠」をマスターして、自分と家族の暮らしを守りましょう!

  • 1
  • /
  • 20

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP