「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【業務スーパー】コスパ最強!「サラダチキン」で夏にぴったりな簡単「よだれ鶏」を作ろう#節約ママのラク家事ごはん

料理・グルメ

 夏にぴったり簡単「よだれ鶏」のつくりかた

2021.08.14

夏になるとただでさえ汗をかくのに、なぜか食べたくなるのが「辛いもの」ですよね。さまざまなファーストチェーン店でも、ピリ辛の味付けをされた期間限定商品がリリースされます。食欲をそそるいい香りに、ピリリっとする味付けは日本の夏になくてはならない存在でしょう。 業務スーパーでそんなピリ辛メニューを作るとしたら? 今回は冷凍の「サラダチキン」をうまく活用して、箸が止まらないあのメニューを作ってみたいと思います。

作り手にも優しいサラダチキンをうまく献立に活用する

サラダチキン

サラダチキンといえば、言わずとしれたダイエット食品です。鶏胸肉やささみからできているので、カロリーも低く高タンパクで健康にいいのです。しかし、その淡白な味わいは毎日食べていると次第に飽きてしまうもの。人によっては「苦手」という方も多くいます。

サラダチキンは、サラダにトッピングすることが多い食品ですが、実際はメインメニューとしても汎用性が高いのです。業務スーパーのサラダチキンなら、内容量500gで税込483円と激安! 火を使わずに完成するメインメニューを夏の献立に取り入れてみては?

メインメニューに! よだれ鶏の作り方

よだれとり

<材料>
・サラダチキン……適量
・きゅうり……1本
・白ごま……少々
・小ネギ……お好みで

<a>
・ごま油……小さじ1
・酢……大さじ1
・醤油……大さじ1
・砂糖……小さじ1
・花椒辣醤……少々
・七味……少々

1.きゅうりは千切りにして、シャキッとするまで氷水にさらします。シャキッとしたら、ザルにあげて水をよく切ります。サラダチキンは凍ったままザルにあげて、40分ほど放置して自然解凍をします。

きゅうりとサラダチキン

2.きゅうりを器に盛り、その上に解凍したサラダチキンをのせます。小さめのボウルに<a>を全て混ぜ合わせましょう。

たれ

3.食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておき、混ぜ合わせた<a>をサラダチキンの上からかけます。最後に白ごまと小ネギをトッピングしたら完成です。

辛いものが苦手な方には「バンバンジー」!

バンバンジー

よだれ鶏が「辛くて食べられない」という方には、バンバンジーがおすすめです。筆者の家庭は、子どもと夫が辛いものが苦手。筆者以外は、バンバンジーで食べるのが恒例です。

<バンバンジーのたれ材料>
・いりごま……適量
・ごま油……大さじ1
・味ぽん…大さじ1
・味噌……小さじ1
・はちみつ(砂糖でも)……大さじ1
・豆板醤……少々
・塩胡椒……少々
・おろしにんにく……2かけ分

フライパンで白ごまを煎ってから、すり鉢でいりごまを粉砕します。そして、材料を全て混ぜ合わせると、バンバンジーのたれの完成。夏にはサラダを食べるドレッシングとして、夫から好評です!

サラダチキンで夏を健康的に乗り越えよう

高タンパクであり、食べやすいものは夏を乗り越えるためのパワーフードです。食欲が落ちがちな夏は、食べやすい麺類ばかりに献立が偏ってしまいますが、多くの麺類は炭水化物。筋肉を作るうえで欠かせないタンパク質も取り入れるためにも、サラダチキンを使ったレシピを作ってみませんか?


著者

東城ゆず

東城ゆず

シングルマザー経験を乗り越えて、フリーライターへ。年子兄弟を養育する26歳。「若いママなんて……」と言われないように、これまで夢中で生きてきた。介護資格を所持しているので、現代の介護の事情にも精通している。料理が趣味で、家族でレジャーに出かけるのが大好き。釣りでは投げ釣りが得意! パワフルな性格だからこそ絶えぬ好奇心を活かし、生活のちょっとした知恵や夫婦関係に関するコラムを執筆中。

連載記事

節約ママのラク家事ごはん

この連載の記事一覧へ