「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

子どもが不登校に。どんな対応が子どもにとって正解? #小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

カルチャー

 不登校気味の息子、どんな声がけがいいの?

2021.06.12

女性の人生は結婚、出産、キャリア、子育て……と悩みや選択のオンパレード! 正解はどれかわからないけれど、自分の固定観念「こうしなきゃ、こうでなきゃ」を手放すと、自分にとっての最適な答えが見つけられるかもしれません。 『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさんに聞く「アラフォーの人生相談」。今回は「子どもが不登校気味」という悩めるお母さんから相談です。

相談:子どもが不登校気味。親としてどうすべき?

子どもが不登校気味。学校に行かせるべき?イラスト:村澤綾香

夫は「学校には行くべき!」と言うけれど……無理して行くべき?

息子(中1)が不登校傾向です。
小1の時からよく「学校行きたくない」とは言っていましたが、なだめたりはげましたりしながら頑張ってずっと行かせていました。
小6の時に私がこれ以上息子を支配してはいけないと気づいた事がありまして、本人の意思をある程度尊重する形をとりました。

その際、自分の意思で何日か休みました。そのまま不登校になるかと思いましたが、夫と息子で話し合いました。
父親からの「頑張れる所は頑張れ」という言葉を受けて、本人は「行きたくないけれど午前頑張れるところまで頑張ってみる」というやり取りがあり、午前のみ登校して給食は食べずに帰宅するスタイルになりました。

中学に上がってから少し変わるかと思ったのですが、今でも時々休みながら午前中だけ通っています。
親バカかもしれませんが、明るくてしっかりした子で、いじめなどはなく友達もたくさんいます。

ただ、意思が強く、学校の窮屈さに耐えられない所があり、本人曰く、「長くいると熱が出そうだから午前だけ頑張って帰りたいんだ」と言います。
たまに気分が乗らないのに実際に無理して行くと、その後に頭痛や発熱など体調に出てしまうので、それを見ると「そこまでして学校に行かなくても良いのでは…」と思っています。

しかし、先生方やママ友など周りの人からは「お母さんがあきらめちゃダメだよ。」と言われます。一番悩みは夫は説得してでも学校は行ったほうがいいと思っているところです。

夫婦でも、親子でも毎日話し合っていますがどれが正解かわかりません。本人も親も毎日葛藤しながら過ごしています。
いじめが原因ではない不登校をあさぎさんはどう考えていますか?

(45歳 千葉県 スナフキンの母 パート)

著者

小田桐あさぎ

小田桐あさぎ

出会って2週間で結婚。第一子の妊娠中にブログを開設。独自論が好評を博し月間30万PVの人気ブログへ。自分らしい魅力を開花するスクールは4年間で400名以上の女性が受講。「VERY」など女性向けメディア掲載歴も多数。著書に「私、ちゃんとしなきゃから卒業する本」「嫌なこと全部やめたらすごかった」がある。

この記事をシェア

この連載の他の記事

小田桐あさぎの 揺れる惑う悩めるアラフォー 人生お悩み相談

この連載の記事一覧へ