「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

幼いころから趣味がない「人生が楽しくないのはこのせい!?」 #小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

カルチャー

 趣味を見つけたい!

2021.03.27

女性の人生は結婚、出産、キャリア、子育て……と悩みや選択のオンパレード! 「どうすれば一番いいんだろう」と悩むことが少なからずありますよね。正解はどれかわからないけれど、自分の固定観念「こうしなきゃ、こうでなきゃ」を手放すと、自分にとっての最適な答えが見つけられるかもしれません。 『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさんに聞く「アラフォーの人生相談」。今回は人生がつまらない、「めちゃくちゃハマれる趣味がほしい」という方からの相談です。

【連載】小田桐あさぎの 揺れる惑う悩めるアラフォー 人生お悩み相談

目次

相談:人生がつまらないのは趣味がないから?
つらいことも忘れられる没頭できる趣味が欲しい!
小田桐あさぎさんからのアドバイス:やっぱり人は人を求める
興味を持てる「趣味」を探すのではなく、一緒にいたいと思える「ヒト」にフォーカスを。

相談:人生がつまらないのは趣味がないから?

「めちゃくちゃハマれる趣味がほしい」イラスト:村澤綾香

つらいことも忘れられる没頭できる趣味が欲しい!

幼いころからこれといった趣味がありません。今まで「趣味は?」と聞かれると「読書」「映画鑑賞」というような「少し好きかな?」という程度のことを答えていました。

今までは無趣味でも楽しかったのですが、コロナで友人とも気軽に会えなくなり、自分を見つめる時間が増える中で、趣味があると人生が楽しいのではないか、と思うようになってきました。

これまでの人生は職場と家の往復、休みの日に友人と食事に行くくらいだったことを思い返し、張り合いがないのは無趣味なせいなのかも、と思いだすととまりません。人生がつまらないのは無趣味のせいだったのかも!

私は独身で子どももいないのですが、周りは子育て真っ只中のため、私と遊んでくれる人も減ったこともあり、さみしくて仕方ありません。そしてこのコロナです。寂しすぎてツライと友人に言ったところ「趣味がないからでしょ」と一刀両断。

たしかに今後の人生を考えると自分が心から没頭できる趣味はマストですよね。気になっていることをやってみようとベランダ菜園に憧れていたので始めてみたのですが、最初はトマトができるだけでも嬉しかったけれど、4か月たった今は飽き始めています……

どうやったら没頭できる趣味を見つけることができるのでしょうか……

(ミイコ、42歳、東京都、団体職員)

小田桐あさぎさんからのアドバイス:やっぱり人は人を求める

私も以前「自分に足りないのは没頭できる趣味なのではないか!?」と思い立ち、色々と試したことがあるのでとてもよくわかります!
私の場合は、ダンスやジムなど運動系、料理系、英語や資格などの学び系、占い系、食べ歩き……などを色々と試しました。しかしどれも全く続かず。ベランダ菜園を4ヶ月続けられたのは、かなりすごいのではと思います……!

『嫌われる勇気』という本に「すべての悩みは人間関係の悩みである、しかし幸福もまた対人関係のなかにあるものだ」ということが書かれています。これは結構真理な気がしています。おそらく趣味も、いかに人と関わるかがポイントなのではなのではないでしょうか。ミイコさんご自身も、今までご友人と食事に行くのを楽しみにされていたことからも、それが伺えます。

上記の私が続かなかった趣味も、いずれも自分自身がそのコミュニティにいまいち歩み寄れなかったのが原因だと今は感じるのです。ジムが続くのは大抵、顔見知りが毎日いる常連さんたちですよね。

興味を持てる「趣味」を探すのではなく、一緒にいたいと思える「ヒト」にフォーカスを。

SNSがこれだけ発展したのも、やはりSNSは人間関係の構築ツールだから。

例えばベランダ菜園であっても、1人や家族だけで楽しむだけではすぐに限界が来てしまうけれど、知識を交換しあったり、一緒に成長を喜びあえたり……と仲間がいることで、もしかしたらグッと楽しめるようになって、続けられるかもしれません。(本当はベランダ菜園を楽しみながら続けたい、と思うのならばですが)

ベランダ菜園に限らず、最近はコロナということもあり、有料無料を問わずオンライン上でのコミュニティがとてもたくさんあります。私自身も、自分の興味のある分野でのオンラインコミュニティで出会った人たちは、大人になってから親友ができたような感覚で、とても仲良くしています。

つまり興味を持てる「こと」を探すのではなく、こういう人たちと一緒に、という「人」ベースで考えてみると、意外な線で没頭できる環境が見つかるかもしれません。楽しい趣味が見つかりますように!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

小田桐あさぎ

小田桐あさぎ

出会って2週間で結婚。第一子の妊娠中にブログを開設。独自論が好評を博し月間30万PVの人気ブログへ。自分らしい魅力を開花するスクールは4年間で400名以上の女性が受講。「VERY」など女性向けメディア掲載歴も多数。著書に「私、ちゃんとしなきゃから卒業する本」「嫌なこと全部やめたらすごかった」がある。

この記事をシェア

この連載の他の記事

小田桐あさぎの 揺れる惑う悩めるアラフォー 人生お悩み相談

この連載の記事一覧へ