「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

仕事に家事に子育て……頑張りすぎてしまうシングルマザーへ伝えたい“幸せな生き方”#小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

カルチャー

 小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

2021.10.23

女性の人生は結婚、出産、キャリア、子育て……と悩みや選択のオンパレード! 正解はどれかわからないけれど、自分の固定観念「こうしなきゃ、こうでなきゃ」を手放すと、自分にとっての最適な答えが見つけられるかもしれません。 『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさんに聞く「人生相談」。
今回は「シングルマザー子育てに仕事…何を優先すべきかわからない」という方のご相談です。

相談:シングルマザー子ども二人。家庭も仕事もがんばりたいけど何を優先したらいいかわからない。

シングルマザーで子ども二人。家庭も仕事もがんばりたいけど何を優先したらいいかわからない。イラスト:村澤綾香

転職で悩んでいます。

現在シングルマザーで2人の子どもを育てています。今年の夏に勤めていた会社が営業停止になり今はアルバイトをして生活をしています。

転職活動をしながら正社員を目指そうかアルバイトのまま頑張ろうか。子ども達を養わないといけないというプレッシャーもあり自分がどうしたいのか、どうしたらいいのかなど、いつも悩んでしまいます。

仕事をバリバリこなして行くのは苦痛にはならないのですが家庭と仕事の両立をしていくのが苦手で。子どもの見送り、お迎え時間と会社の就業時間など、どこを1番に優先していけば良いのかと考えてしまいます。

アドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

(東京都 37歳 あやこ パート)

家事・仕事・育児すべてやるのは…無理!

小田桐あさぎさんからのアドバイス 

シングルマザーで2人の子供を抱えながら仕事も頑張るのは本当に大変だと思います。今の世の中では、母親が仕事もしながら家事も仕事もすることを、あたかも誰もが普通にできることのような風潮がありますが、はっきり言って無理です。

主婦という職業があるように、家庭のことと育児をするというのは人間一人分の仕事です。そして外での仕事も、一人分の仕事。つまり仕事をしながら家事も育児もこなすというのは、フルタイムの仕事を2つ掛け持ちするのと同じで、普通は無理なのです。

私は6年以上、たくさんの女性たちの人生相談にのってきていますが、これを苦なくこなせる女性というのは、本当に100人に一人いるかいないかです。なのに、自分も周りもできると思い込んでやってしまうから、体やメンタルの不調、夫婦関係の不仲などに繋がってしまうのです。

というわけで、まずは「家庭も仕事もがんばりたい」というそのお考えから見直されてみることをおすすめします。どこを一番に優先していけば良いのか、ということですが、仕事があろうと子供がいようと、私は一番優先すべきは自分自身であると思っています。

まずは、自分が楽しく生きられる時間の使い方から考えてみられてはいかがでしょうか。そしてどうしても自分でやりたいわけではない物理的なタスクは、無理であるという前提でなるべく人に頼ることを考えるのです。経済的に親や男性に頼ってみたり、物理的に育児や家事を人に頼るなど。この辺りの具体的な話は、私の著書2冊にもたくさん書いてありますので、よければ是非一度読んでみてください。応援しています。
 

著者

小田桐あさぎ

小田桐あさぎ

出会って2週間で結婚。第一子の妊娠中にブログを開設。独自論が好評を博し月間30万PVの人気ブログへ。自分らしい魅力を開花するスクールは4年間で400名以上の女性が受講。「VERY」など女性向けメディア掲載歴も多数。著書に「私、ちゃんとしなきゃから卒業する本」「嫌なこと全部やめたらすごかった」がある。

この連載の他の記事

小田桐あさぎの 揺れる惑う悩めるアラフォー 人生お悩み相談

この連載の記事一覧へ