「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

39歳「離婚して実家へ。子どもはいません。毎日やること無く残りの人生が不安です……。」#心理カウンセラーうさこの心を軽くする考え方

カルチャー

stock.adobe.com
 「この先、何をどうがんばればいい?」不安になってしまうときは

2021.07.09

心理カウンセラーの古庄由佳です。カウンセリングに来てくださる方には「うさこさん」と呼ばれています。 自分の心に蓋をして、我慢を続けて生きるのはとてもしんどいですよね。自分の人生をHappyにするかどうかは自分が決めると信じて、皆さんのお悩みに答えます。

相談:自分の将来に漠然とした不安が……なにをすればいいのかわかりません

自分の未来に漠然とした不安があります。

今年40歳の女性です。おととし離婚をして実家に戻ってきて、今は母と祖父と暮らしています。子どもはいません。
祖父は頭はしっかりしていますが、足が悪いので介護が必要で、ヘルパーさんと私と母で介護しています。

今は母も若いですし(と言ってももう68歳ですけど)、介護も一緒にできているので良いのですが、この後の人生を考えると気が滅入ります。

もうこの歳で再婚できるとも思えず、子どももいないので、私は母が介護が必要になったらひとりで介護して、そして母がいなくなったら私はひとりになるんだ……と悲しくなるのです。

結婚したときに仕事を辞めてしまったのでキャリアもないですし、貯金もほとんどありません。
以前は元夫と一緒にサーフィンをしたり、山登りしたりと活動的な夫の趣味に合わせて色々としていましたが、今は自分で何かする気にもなれず、好きなこともありません。

毎日すごくウツウツしてしまい、未来が不安で、TVを見ても読書しても、母と話していても対して面白い、楽しいと思えないのです。

こんな私はどうすればいいのでしょうか。

(39歳 茨城県 朝顔 アルバイト)

著者

古庄由佳さん

古庄由佳(うさこ)

17歳の頃に、徐々に視機能が失われていく難病であると診断される。病気に負けず頑張りたいのに、体も心も人間関係もどんどん壊してしまう。そんな生きづらさから、心のことを学び始める。2012年より、心理カウンセラー、セミナー講師、心理スクール講師として活動。自分との仲直りをテーマに、本来の魅力や才能を解き放っていく心理カウンセリングの他、病気からのサインを受け取り、本来の自分らしい人生を取り戻していく卒病カウンセリングも好評。20年近く住んでいた東京を離れ、2019年に福岡県糸島市に移住。著書は「心屋流 戦わないで生きていく」「心屋流 がんばらないレッスン」(ともにPHP研究所)。

この記事をシェア