「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

元夫の15年に渡る不倫やDV。そして解雇……。生きることに疲れたら考えてほしい2つのこと#小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

カルチャー

 小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

2021.11.13

女性の人生は結婚、出産、キャリア、子育て……と悩みや選択のオンパレード! 正解はどれかわからないけれど、自分の固定観念「こうしなきゃ、こうでなきゃ」を手放すと、自分にとっての最適な答えが見つけられるかもしれません。 『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさんに聞く「人生お悩み相談」です!

相談:人と会いたくない、仕事もしたくない、全てが我慢の限界でツライ。

人と会いたくない、仕事もしたくない、全てが我慢の限界でツライ。イラスト:村澤綾香

(相談者:千葉県 49歳 朧月夜 契約社員)

結婚生活をしていた16年間、元旦那の15年に渡る不倫や激しいDV、借金など我慢する事ばかりでした。

DVで骨折したこともあり、また体への暴力の他に言葉の暴力で否定ばかりされ、独身の頃は明るく前向きだった性格が自信のない、暗い性格に変わってしまいました。

離婚して3年ほどは解放感があり、前向きに頑張っていましたが、怪我や病気で勤務を休む事が続いていた時期があり、その時に解雇されてしまいました。

年齢が年齢なだけになかなか仕事が見つからず、元々貯金は少なかったのがさらに少なくなり、お金の不安が出てきました。また、健康の不安も。

解雇された会社の存亡の危機を私が救ってきたのに…という思いも重なり、人間不信にもなりました。

結婚生活では我慢に我慢を重ね、顔色を伺って生活していたこともあり、最近は生きることに疲れました。我慢に我慢を重ねてもう、我慢のコップから水が溢れている状態なので、もうこれ以上の我慢はできなくなり、何事に対しても希望がなく絶望ばかりです。

できれば人と会いたくない、関わりたくない、仕事もしたくない。でも、実際は仕事をしないと生きていけないので仕事はしていますか、本当にもう我慢の限界です。この先、どのように生きていけばいいのか、わかりません。教えてください。

「短期」と「長期」両方の解決策を!

小田桐あさぎさんからのアドバイス 

朧月夜さん、長年とても大変な経験をされてきたのですね。

私が思うに、今の朧月夜さんにとって重要なことは、短期的な解決策と長期的な解決策の2つを考え、同時に行っていくことではないかと思います。

これは、例えば風邪をひいた時の対策として、短期的には病院に行って薬を処方してもらい、今の瞬間のつらさから解放されること。

そして長期的には、風邪をひかないような体作りをしていくこと、のようなものです。

まずは現状のつらさはすぐに解消しつつ、今後また同じような状況に陥らないように、少しづつ生き方を変えていくことが重要だと思いますので、私からは2つの提案をさせていただければと思います。

まず最初は、短期的な解決策のほうから。

人と会いたくない、関わりたくない、仕事もしたくない、本当にもう我慢の限界、ということなので、せめてこれ以上、我慢を積み重ねる必要がないよう、まずはお仕事をお休みされてみてはどうでしょうか。自分が働いている時はわからないものですが、実は日本の社会というのは、意外と働かなくても、しばらくは生きていけるものです。失業手当や、生活保護、国や県による貸付制度など。申請には少し勇気がいるものかもしれませんが、今まで自分自身が支払ってきた税金は、こういったことのためでもあったのです。元気になったらまたお返しするつもりで、まずは社会のセーフティネットに頼ってみてはいかがでしょうか。

これで、まずは短期的に「我慢の限界」である今の現状を変えてみていただきたいと思います。しばらくはゆっくりお家で好きなことをして、心と体を休めてみてください。そしてまたいつか動きたくなったら動けば良いのです。

そして長期的な解決策のほうです。

結婚についてもお仕事についても言えることかと思いますが、朧月夜さんにとって人生とは「我慢すること」になってしまっているように見受けられます。人生とは、我慢をしなければいけないものではありません。少しずつで良いので、我慢を減らす人生の方に、舵切りをしていってはいかがでしょうか。他人を優先するよりまず、自分を優先する。嫌なことにはNOという、距離を置く。やりたくないことはやらずに人に頼る、など。そうしてまずは、自分にとって楽な人生を送ることです。

最初はとても勇気のいることかもしれませんが、一気にやろうとせず、本当に少しづつで良いのです。私が今まで相談に乗ってきた女性たちは、例えば「トイレに行きたいときに我慢せずに行く」「スーパーでは一番食べたいお菓子を買う」「お昼ご飯を一人で食べる」とか、そういうところから始めていました。まずはこう言ったところから、他人よりも自分を優先する練習を積んでみていただければと思います。応援しています。
 

著者

小田桐あさぎ

小田桐あさぎ

出会って2週間で結婚。第一子の妊娠中にブログを開設。独自論が好評を博し月間30万PVの人気ブログへ。自分らしい魅力を開花するスクールは4年間で400名以上の女性が受講。「VERY」など女性向けメディア掲載歴も多数。著書に「私、ちゃんとしなきゃから卒業する本」「嫌なこと全部やめたらすごかった」がある。

この連載の他の記事

小田桐あさぎの 揺れる惑う悩めるアラフォー 人生お悩み相談

この連載の記事一覧へ