「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

「仕事がつらい、でも辞めれない」#小田桐あさぎのアラフォー人生お悩み相談

カルチャー

 お悩み相談

2021.02.13

女性の人生は結婚、出産、キャリア、子育て……と悩みや選択のオンパレード! 「どうすれば一番いいんだろう」と悩むことが少なからずありますよね。正解はどれかわからないけれど、自分の固定観念「こうしなきゃ、こうでなきゃ」を手放すと、自分にとっての最適な答えが見つけられるかもしれません。 『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさんに聞く「アラフォーの人生相談」。今回は「仕事がツライけれど、生活のために辞められません 」という方からの相談です。

相談:仕事の負担が大きくツライけれど、生活のためにやめられません

仕事がつらい

仕事はどこまでやればいい?

毎日仕事がつらいです。仕事の量も多く、私の仕事の内容を把握している人がおそらく誰もおらず、共有できていないので、長期の休みもとれません。

管理部門のような仕事で「できて当たり前」のため営業のように評価がついてくることもなく、いつまでたっても平社員、給与も上がりません。

子どもが3人いますが、夫が大病で数年前に入院し、その後なんとか回復したものの、後遺症があります。夫は元の職場に復帰させてもらいましたが給与はそれまでの半額ほどになったため、私が仕事をしないと家計が回りません。

毎日頑張っても評価もされず、家計も苦しいままでつらいです。この現状から抜け出すことってできるのでしょうか。努力は報われるとか、ねたまないとか、家族がそろっているだけでも幸せだとか、考えてみるのですが、つらいと思うことがやめられず。毎朝泣けてくるのです。人生100年時代なんて、こんな大変な人生があと半分もあるなんて、つらすぎます。

(埼玉県・45歳・名無し・社員)

小田桐あさぎさんからのアドバイス:もっとラクしてもいいんです

名無しさんは、とても責任感が強く、頑張り屋さんな方なのだと思います。それはとても素晴らしいことだと思うのですが、こういった方は人のために尽くすあまり、自分を犠牲にして我慢を重ねてしまうことが多く、しんどい毎日になりがちです。

ずるい考え方かもしれませんが、もっと楽をして良いと思いますよ。

頑張っても評価されないのであれば、頑張らなければ良いのです。適度に手を抜いて、自分が楽に楽しく働ける環境を作ってしまいましょう。仕事はもっと周りにも共有し手伝ってもらって良いし、長期の休みだって周りに仕事をお願いして取ってしまっても大丈夫です。それで会社は倒産したりしません。絶対になんとかなります。

そんなことしたら、人からどう思われるか、と不安になる気持ちはあります。ですが、実は私はこういった「嫌なことはしない」「ちゃんとするのをやめる」専門家でして(自分でも変わった仕事をしているなとは思いますが事実です、笑)、5年間で300人以上の女性にこういったアプローチを指導し、ラクに幸せになっている女性もたくさんいますので、無責任に言ってるわけではなく真剣です。

自分が自分を大事にしないと、周りの人を大事にできないんですよ。これは本当です。

転職だって今からできる!

あとは世の中には想像している以上にたくさんの仕事がありますので、転職を検討してみるのもオススメです。

名無しさんがおっしゃる通り、管理部門のような仕事で評価を得るというのは結構難しいので、やはり営業のように評価がついてくる、出世する、給与が上がるような仕事に転職されるのはいかがでしょうか。

転職というとハードルが高く感じるかもしれません。専門知識が、年齢が、経験が……など理由を挙げるときりがない。しかし高校を卒業してから、さしたる専門知識もなく今までに9回転職してきた私に言わせると、転職というのは世間が考えているほど難しいものではありません。

転職が難しいと考えている人の特徴に、求人情報を日常的に見ていない、ということがあります。まずはご自分のキャリアを、リクルーティングサイトなどに登録されてみてはいかがでしょうか。

相談文を拝見するに、おそらく名無しさんは頑張ること自体が嫌なわけではなく、適切に頑張りが評価され、収入が上がれば満足ができるのではないかと思います。

「頑張れる」というのは、実はものすごい才能なんです。また、上昇志向があるのも素晴らしいことですよ。せっかく素晴らしい才能をお持ちなのですから、それを我慢という手段で抑えるのではなく、ぜひ活かして頂ければと思います。そのほうが自分も周囲も幸せになれるはずです。応援しています。

 

イラスト:村澤綾香

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

小田桐あさぎ

小田桐あさぎ

出会って2週間で結婚。第一子の妊娠中にブログを開設。独自論が好評を博し月間30万PVの人気ブログへ。自分らしい魅力を開花するスクールは4年間で400名以上の女性が受講。「VERY」など女性向けメディア掲載歴も多数。著書に「私、ちゃんとしなきゃから卒業する本」「嫌なこと全部やめたらすごかった」がある。

この記事をシェア

この連載の他の記事

小田桐あさぎの 揺れる惑う悩めるアラフォー 人生お悩み相談

この連載の記事一覧へ