「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

テレビやネットで有名な方の訃報を目にすると、自分事のように悲しくなり胸が苦しくなります…。<お悩み相談>

カルチャー

 テレビやネットで有名な方の訃報を目にすると自分事のように悲しく、胸が苦しくなります…。<お悩み相談>

2022.09.21

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。今回のお悩みは、有名人の訃報で気分が落ちてしまう方のメンタル面の心配事。皆さんも同じような悩みを抱えてはいませんか?

相談:有名人の訃報を目にすると気分が沈みます。

悲しむ女性出典:stock.adobe.com

(福島県・36歳・マナミ)

テレビやネットで有名な方の訃報を目にすると、自分事のように悲しくなり、胸が苦しくなります。人の「死」に敏感になっている自分のメンタルが少し心配です。他の人は私と同じような気持ちにならないのか?気にもなります。

市井紗耶香さんからの回答は……!

市井紗耶香

身近な存在でなくても、テレビやメディアでその活動を知っていた方の訃報に触れると、悲しくなります。それが突然だったり、自らで選んだ道だったりするとなおさら。

私自身も共演し、お世話になった方もいらっしゃれば今回の相談者さんと同じでお会いしたことがなくても突然の訃報に驚き、悲しくなります。

一見、華々しく見える場所であっても、当事者が抱える悩みや苦しみは、身近な人にでさえ知り得ることが難しい時があります。
私たち人間は、何かしらの悩みを感じながら、生きづらさを抱えながら生きていくしかありません。

あくまでも私個人の考えですが生きづらさは、弱みではないと思います。

誰にだって悩みはあり、現実から逃げ出したくなる時もあるでしょう。 

抱える生きづらさに声を上げられない方もいるんだという現実。

こうした相談があるくらいですから、社会全体が考えていかなければと感じます。

SOSの出し方は人それぞれ

SOS出典:stock.adobe.com

ここからは私なりの気持ちが上を向く方法をお話します。

■身近な人に相談する

気分が落ちているときこそ、一番相談しやすい家族、もしくは友人に何気なく「気持ちが浮かない」と話してみるのも大切です。
辛いよね、とあなたの気持ちに寄り添ってくれるかもしれませんし、「実は私も同じ気持ちを抱えていた」と共有をすることもあるかも知れません。
自分のことをわかってくれる人にSOSを出すことは、弱音を吐くこととは違います。
何気なくお話してみると、沈んでいた気持ちが少し楽になるかもしれないので話せる人が身近にいたら相談してみてください。

■ソーシャルサポートを利用する

身近な人にだからこそ話を聞いてもらうのは……という方もいらっしゃると思います。
そのような場合は、ソーシャルサポートを利用しましょう。不特定多数の方と話を交わすことで、気持ちが落ち着くかもしれません。
今は対面だけではなく、オンラインでつながることもできます。
つながりを保つことで、ご自身の不安をやわらげることにもつながります。

■自然やペットに触れてみる

人と接したり、気持ちの整理がつかなかったり心のモヤモヤが晴れないときは外の空気に触れてみてはどうでしょうか。
計画を立てず、近所の河川敷や公園、気持ちが上を向いてきたらそのままショッピングでも良いと思います。
あるいは少し遠出をして、緑が豊かな場所で深呼吸してみてください。
たくさん美味しい空気を身体に取り入れたら、気分がリフレッシュします。

もしくは、ペットや動物に触れて、気持ちを和らげてみるのもひとつです。
動物を飼っている場合、ご主人が元気ないことをペットは感じとります。
そんな気分の時こそ、動物たちからの癒しはとても効果的。
「いつもありがとうね」と声に出し、やさしくペットに触れてみてください。

■時には情報の遮断を

めまぐるしい世の中だからこそ、息継ぎを忘れてしまうくらい自分を追い込むことも少なくありません。
私も、そのひとりです。
少しの時間でもいいのでテレビを消して、携帯の電源も切って情報を遮断してみませんか?
気持ちを落ち着かせ、深呼吸をしてみてください。
気持ちが沈んだらあとは上へ這い上がるのみです。

***

人の訃報は悲しいものです。

でも、そこから抜け出せる方法を知っておくと、この先も自分自身を助けてくれますよ。
あなたなら、大丈夫!

元気を出してくださいね。

***

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D


著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

この連載の記事一覧へ