「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

「老後を考えると不安だけど、今何をすればいいかわからない…。」市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!

心と体

stock.adobe.com
 市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!

2022.07.06

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。今回のお悩みは、将来のことを考えると不安になるという女性からのお悩みです。市井さんのアドバイスとは?

相談:これから先のことを考えると、不安な気持ちに…

悩む女性出典:stock.adobe.com

(39歳 滋賀県 マユ)

まだまだ若いと思っていましたが先日、誕生日を迎え39歳になりました。その日を境に身の回りのことや、老後の人生について漠然と考えるようになりました。考えているうちに、私は今、何をすればいいのかわからなくなってきました。市井さんは将来への不安はありますか? そして、これから先のライフプランについて考えていますか?

市井紗耶香さんの回答は…?

市井紗耶香

わかります。
私も思っていたよりも30代が加速しているので、将来のことを考える時間が増えました。

私のこれまでの人生を振り返ってみると…やはり「子育て」が大半を占めています。
これは現在も進行形なので、老後の心配をするよりも「今ここ!」に目が向いてしまいます。

ただ、子育てはいつか確実に卒業する時期が来ます。

一区切りついてから燃え尽き症候群になり、「私には何もない!」と心が空っぽ状態になるのは避けたいので、「今できること」になるべく丁寧に向き合っています。
そして、「今」向き合っているものが将来、何かに繋がればいいなと思っています。

将来のためにお金はもちろん、自分の考えも備えておこう

勉強する女性出典:stock.adobe.com

では実際、わたしがどんなことに向き合い、考えているのかというと……?

まずは人とのご縁

仕事やプライベートでお付き合いしていくうちに、自分に必要な人とそうでない人が必ず現れます。
その中で「この先もこのご縁をつないでいきたい」と感じる人がいたら、そのご縁をつないでいく努力をします。
その相手に期待したり、見返りを求めたりしているわけではありません。

人間には、歳を重ねていくうちに自然と力がふっと抜ける瞬間が来ると思っています。
私はその瞬間が新たな人生の幕開けだと思っています。

そこからは、これまでに出会った方と楽しいことを紡いでいけたらなと思っています。
ですから、「人とのご縁は自分の未来への投資」と考えています。

次に教育

きちんと向き合えてきたかというと、忙しさを理由に向き合えてこなかった気がして反省しています。
だからこそ、子どもたちの教育に目を向け、私自身も学びに向き合う時間を見つけたいなとまさに実感中です。

また、お金のことも大事ですね。

保険の見直しや貯蓄など、その都度変わるライフプランにも向き合う必要があると思います。
これはどうしても億劫なので後回しにしてしまいがちですが、やはり時期を決めてきちんと向き合わなければいけませんね。

30代から常に老後のことを心配する必要はないかと思いますが、「備えあれば憂いなし」です。
今を思いきり楽しみながらも、将来のことにもしっかり目を向け、人生にメリハリをつけて暮らしていきたいですね。

今回のマユさんのお悩みは、私にとっても将来のことを考える良いきっかけになりました。
ありがとうございました。

 

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D


著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

この連載の記事一覧へ