連載記事

39歳「夫が突然、大手企業をやめて実家の家業を継ぎたいと。あまりにも突然のことで動揺しています…。」

家族・人間関係

2022.12.07

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。今回は、旦那さんからの相談に動揺している女性からのお悩みです。市井さんはどんなアドバイスをされたのでしょうか?

広告

連載:元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

相談:夫が今の仕事を辞めて、実家の家業を継ぎたいと言い出し…。

夫婦出典:stock.adobe.com

(39歳 まきこ 大阪府)

今年40歳になる夫は実家を出て、大手企業で営業をしています。これまで仕事の不満は言うものの、そこまで辛そうにしている様子はありませんでした。しかしつい先日、突然今の仕事を辞めて実家の家業を継ぎたいと相談してきました。夫は長男です。あまりにも唐突で自分の気持ちの整理がつきません。

市井紗耶香さんからの回答は……!

市井紗耶香

先々の不安を抱えながらも少しでも家計負担を軽減させるべく、共働きや副業、投資信託など、個人個人が稼ぐ時代となってきています。安定した職業を見つけることも大変厳しい時代になってきた一方、個人の努力次第で別の職に就くことも可能になってきました。
しかし、どこの企業も人材不足で海外ファンドが入ってきている背景を目にすると、子どもたちにはエンジニアに…その前に語学を身につけさせないと…という親の声もたびたび耳にします。

安定できる職を見つけるのは並大抵のことではないですし、終身雇用なんてもってのほか!一般に勤めていても突然のリストラということもあります。やはりこうした世の中の事情も踏まえて旦那さんが考える家業について、じっくり具体的に夫婦で話し合ってみてはいかがでしょうか?

事業計画、将来性、従業員の有無、現在の経営状況もしっかりチェック

夫婦出典:stock.adobe.com

今回の相談者さんのお悩みは、突然旦那さんが家業を継ぎたいと言ってきたとのこと。
どんなお仕事かはわかりませんが、まずはいろいろと確認が必要かと思います。

今の仕事が辛いから実家に戻る?

実家の家業を継いで親孝行がしたい?

以前から長男である旦那さんに「長男が継ぐもの」という話があった?

いろんなことを旦那さんと話し合って整理する必要がありそうですね。

仮に旦那さんが以前から「家業を継ぎたい」という気持ちがあったとするならば、その考えを尊重することも、背中を押すことも大切だと思いますが、親が継いで欲しい…と一方的な親の考えを押し付けてくるような形であればそれは違うような気もします。

家族経営の場合は家業の将来性、先代のスタイルにも左右されるところはあると思いますし、売上状況、事業計画をチェックし、話し合えるところは包み隠さず把握することが重要です。
また、従業員を抱えている場合、継ぐ選択はさらに慎重にされたほうが良い気がします。
経営状況、将来性に陰りが見えるなら無理に家業を背負うことはせずに、事業をたたむことも一つの選択肢かと思います。
手仕事の家業であるならば一からリスタート、技術を学び継承していくまでに時間を要します。

まずは家族でじっくり話し合うことが大事!

実家を継ぐためにUターンをするならば奥さんであるご相談者さんの意向も大事です。
親のために、家族のために…という思いはとても素敵な考えだと思いますが、大切な家族が生活環境を変えなければいけないこともお忘れなく!と旦那さんにはお伝えしたいです。

今は、後継者不足もあり、事業継承、M&A の選択肢もあります。
若手が伝統や街を新しく創造し守り引き継いでいくことも悪くありません。
今は、様々な継承の形があります。
ひとつの形に拘らずこうしなければいけない、なんて決まりもありません。

急がず、ご家族で今一度ゆっくり話し合いをしてみてくださいね。

ご相談者さんに最善な方法が見つかることを祈っています。

 

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D

広告

著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

気になるタグをチェック!

saitaとは

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

広告