「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!「結婚への憧れがないから"おひとり様”で生きていくと決めたのに」

カルチャー

 市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!「結婚への憧れがないから"おひとり様”で生きていくと決めたのに」

2022.03.30

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。第9回目は「おひとり様で生きていく」と決めた女性の不安な気持ちに、市井さんが寄り添います。

相談:「おひとり様」で生きていくと決めたのですが、やっぱり不安になることがあります。

女性出典:stock.adobe.com

(東京都・39歳・ナオミ)

周りの友達はほぼ結婚しましたが、私は昔からとくに結婚への憧れがありません。

仕事も楽しく、今の生活に満足しているのでこれから先も一人で生きていこうと決めています。

自ら選んだ"おひとり様"で気楽に過ごしていますが、それでもふと先のことを考えるとやっぱり不安になります。

このままでいいのでしょうか?

市井紗耶香さんからの回答は……!

市井紗耶香

将来のことは、答えがないから難しい

私の場合は20歳で長女を出産したため、相談者さんの気持ちに寄り添えないかもしれませんが、女性の社会進出が目覚ましいこの時代、何も結婚にしばられる必要はないと思います。

むしろ、「仕事が楽しい」、「おひとり様として生きていく」と決めた相談者さんは、私からみたらかっこいいなと思います。
そして、これは完全にないものねだりですが、自分のペースで時間を使える相談者さんの人生をうらやましくも、そして素敵に思います。

「ふと将来のことを考えたら...」と口にされていますが、それはパートナーがいても、おひとり様でも同じなような気がします。

人は結局、孤独な生き物です。

とくに今、私たちは不安定な時代を生きています。

正解がなにかを模索しながら生きてしまいがちですが、そこの答え合わせは難しいです。

実際私も“将来への漠然とした不安”を抱えることがあります。
そして、それは時に夫婦喧嘩に発展してしまいます(笑)

「軌道修正もあり」くらいの気持ちで!

選択肢出典:stock.adobe.com

さて、ご相談内容の私の答えですが…
自分のモチベーションが低下していると、周りの生活が羨ましく感じてしまうので、まずはその部分のコントロールをしてみてはいかがですか?

たとえば、SNSや携帯の連絡先の整理、心配をしてくれているご家族に気持ちを伝えておくことも大事ですね。

自分のことを一旦整理することで、これからの自分に必要なことだけに囲まれて生活ができます。

また、一度は「おひとり様で生きていく」と決めたものの、ひょんな出会いからまったく違う人生を歩むことになることも。

人生の軌道修正はいつだって「あり」なのです。

ですから、一度決めたから!と過去の自分の気持ちに縛られず、「その時はその時」という感覚も大事だと思います。

人はどんな境遇でも孤独でそして、さまざまな葛藤を背負っていると思っています。

でも、だからこそ面白いのです。

人生の楽しみを見つけながら…
そして、どうせなら笑顔で生きていきましょう♪
 

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D


著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

この連載の記事一覧へ