「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

41歳女性「夫に離婚を切り出されてしまい、パニックです…」市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!

家族・人間関係

stock.adobe.com
 41歳女性「夫に離婚を切り出されてしまい、パニックです…」市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!

2022.05.04

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。今回のお悩みは、離婚問題。相談者さんは夫から離婚を切り出されてしまい、パニックに…。市井さんはどんなアドバイスをされるのでしょうか?

相談:夫から突然、離婚話しをされてしまいかなり戸惑っています。

離婚問題出典:stock.adobe.com

(埼玉県・41歳・リョウコ)

相談:結婚して7年目を迎えました。子どもはいません。会話が少なくなりつつも仲良くやっていると思っていました。しかし先日、夫から突然、離婚を切り出されてしまいました。理由を聞いてもハッキリしません。どうしたら離婚を回避できるでしょうか?

市井紗耶香さんからの回答は……!

市井紗耶香

今回のご相談者さんのお悩みは離婚問題ということですが、私も経験者なので自分のことを振り返りつつ、お悩みに寄り添えればなと思います。

 

ご主人から突然、離婚話しをされたら戸惑いますよね。
ご相談者さんは離婚を回避されたいということなので、きっととても複雑なお気持ちなのではないかと感じます。
家族構成や家庭環境によっては、すぐに離婚をするよりも修復を試みるご家庭も少なくないかと思います。
ご主人がどのような理由で離婚をされたいのか、文面からは詳しい状況が把握できませんが、ご主人が離婚を切り出す前の「きっかけ」がどこかにあったかを理解しないことには回避は難しいように思います。

離婚するとなると…?

 

人は育ってきた環境も違えば価値観もそれぞれです。

結婚した当初はお互いが無いものを求めるように支え合い、相手の苦手な部分も受け入れて毎日を共に過ごすものです。
しかし、他人同士が夫婦になるのですから、知らぬ間にお互いどこかで無理をしてしまうとすれ違いは起こります。
寂しさによる喪失感がいつかし不信感に変わり、些細な言い合いから大喧嘩に発展…なんてことも。
この先、一緒に生きていく相手は本当にこの人で良いだろうか?と考えてしまう…。

そして、いざ離婚となると、かなりのエネルギーを使います。
住まいや共有している所有物をどう振り分けるか、契約物などの手続きの確認や大量の書類…。
ほんとうに大変です。
お子さんがいる家庭であれば、子どもたちの環境や心のケアをどうするのかも考えなければなりません。

すぐに離婚を決めず、冷静に考える時間を!

 

ここからは私の考えをお話します。

ご主人は、突発的に離婚という言葉を切り出されたのではないでしょうか?

ご相談者さんは「回避」されたいのだとすれば、すぐに答えは出さないことです。

まずはお互いが冷静になる時間を設けましょう。
それから話し合える環境を作り、どうしてそう思ったのかという理由を聞いて、修復できるかどうか、整えていきましょう。

それが仮に異性関係や借金など、ご相談者さんが知りえない情報だったり、不利に働くような理由であっても込み上げてくる感情をぐっとこらえ、答えはすぐに出すべきではないと思います。

怒りや悲しみ、さまざまな感情が入り乱れるかもしれません。

それでも先ずはご相談者さんご自身の心を冷静に見つめて、じっくり考えてください。

この先の将来、共に生きる人として支え合って笑い合えるかを想像してみてください。

離婚問題は心も体も疲弊します。
しかし、絶対に感情のまま行動してはいけません。

時間はかかるかも知れませんが、冷静に考えていけば自ずと答えは自然に浮かんできます。

ご相談者さんが明るく、楽しい未来を描けるように私も願っています。
 

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D


著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

この連載の記事一覧へ