連載記事

38歳女性「PTA役員の順番がまわってきました。でも人付き合いが苦手で 心配……。」

家族・人間関係

 市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」

2023.02.15

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。今回は、PTAの役員問題。小学生のお子さんを持つママにはあるあるのお話ですよね。市井さんの回答は?

広告

連載:元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

相談:PTAの役員を問題なくこなすことができるか、心配です……。

PTA出典:stock.adobe.com

(38歳 埼玉県 ナミ)

春から子どもが5年生になります。これまで小学校のPTAの役員をずっと断ってきましたが、いよいよ順番が回ってきてしまいました。人付き合いが苦手なので、他のお母さんたちとうまく関係を築けるか心配です。

市井紗耶香さんからの回答は……!

市井紗耶香

4月に入ると、子ども行事のお知らせや保護者会など、親が参加しなければならないことが増えてきますよね。
同時に、PTA役員やクラスの係決め、学校によっては委員会など保護者の活躍が期待されます。
最近では、そんなPTA活動が大変なので「PTAの代行」もあるとか……。
すごい世の中になってきましたね。

先生方をはじめ、地域のボランティアやPTA役員の皆さんの日ごろの活動があるから子どもたちが安心安全に学校生活を送れていると実感し、感謝しています。
とはいえ、自分がPTA活動に関わるとなるといろんな不安があることはわかります。
相談者さんにとっては「いよいよきたか!」と身構える感じかもしれませんね。

相談者さんは人付き合いが苦手と言う事ですが、実は私もそうでした。
保護者会に行っても、なかなか他のお母さん方と馴染むことが難しかったり、お話しすることが恥ずかしかったり……。
けれど、幼稚園・保育園、小学校、中学校、高校と自分の子どもが学ぶ場の情報はとても大切です。
私もある時、人付き合いが苦手ということを理由にして、自分自身で学校に出向き情報を得るという行動が全然足りていなかったことに気づき、反省しました。

むしろ「楽しむ」という気持ちに変換してみては?

PTA出典:stock.adobe.com

人見知りや恥ずかしがり…どんなことをやるのか不安などの気持ちがあるかもしれません。
また、PTA活動と聞くと「面倒、トラブルが多そう、怖い」などの固定概念もあるかもしれませんね。

でも、どんな保護者の方も初めは勇気がいることかと思います。
みなさん、自分と同じ気持ちだと思い、飛び込んでみればこれまでと違った景色が見られて面白いですよ。

活動内容が分からないときは「分からない」と言っていいと思います。
仕事やプライベートの用事で集まりに参加できない日は、事情を説明すればいいだけかと思います。

むしろ自分だけで背負い込まないことが大事だと思います。

PTA活動に参加していけば、他の保護者の方と自然とお話をする機会も増えるでしょう。
そのうち、お茶をしたりランチをしたりする機会もあるかもしれません。

学校に出向く時間が増えれば、子どもの様子を知ることもできます。
一年活動していくと、学校の様子や子どもの成長を身近に感じることもできますし、1年後には達成感もひとしおかと思います。

最初は緊張して当たり前です。
どうか気負わず、「PTA活動を楽しむ」という気持ちで活動されてみてはどうですか?

お子さんの進級と相談者さんの新しい環境を応援しています!

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D

広告

著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

\【50代以上限定】saita読者アンケート/
回答でAmazonギフト抽選でプレゼント!

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

広告