「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

お悩み「コロナ禍で人見知りぶりが加速…さすがにまずい?」市井紗耶香さんに聞いてみた

家族・人間関係

 お悩み「コロナ禍で人見知りぶりが加速…さすがにまずい?」市井紗耶香さんに聞いてみた

2021.12.29

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する「#本音で話そう」がスタート。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。第3回目のお悩みは、「人見知り」の性格に悩んでいるというお悩みです。saita世代ど真ん中の市井さんのアドバイスとは?

相談:コロナ禍を機に、人見知りが加速しています…

「初対面の人に対して極度の「人見知り」タイプだった私。コロナ禍により人と接する機会が減った今、さらにひどくなりました。このままでいいのか悩んでいます」(40代・C子さん)

無理に相手に合わせなくても大丈夫

緊急事態宣言が開けて、少しずつ社会が元に戻ろうとしています。しかし、長期化したコロナ禍により家族以外の人との交流が極端に減ってしまいました。私も自粛期間は家の中で子どもたちと過ごしていましたが、小さなお子さんがいるご家庭はかなり厳しかったと思います。今回の相談者さんはもともと「人見知り」だったということなので、自粛が明けたこれから人との付き合い方に少し身構えてしまいそうですね。

私も初対面の方に会う前は強い緊張を感じます。相手の方がはじめから積極的に接してくれればほっとしますが、そうでない場合は「私がなんとかしなくては」とテンパってしまうことも。でも、よく考えてみれば相手や雰囲気に合わせて無理する必要はないですよね。

人見知り=短所ではないということ

以前の価値観だと、社交性がありコミュニケーション能力は高いほうがいい、と思われていました。しかしコロナ禍により、むしろ一人の時間を上手に使えるほうが有意義だという価値観の世の中に変化してきているように思います。人とコミュニケーションを取れることが「長所」で、人見知りが「短所」ではないということです。

人は初対面の人と話すとき、どうしても緊張してしまうもの。でも、それは「当たり前」のこととし相談者さんも無理せず、あくまでもマイペースでいいのではないでしょうか。相手の評価や視線はとくに気にしないこと。メンタル的なところが凝り固まってしまうと体調が悪くなるので、常にリラックスすることを意識してくださいね。新たな人と出会うことは緊張もしますが、楽しいことですよ。勇気をだして一歩踏み出してみてくださいね。

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D


著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。