「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

<お悩み相談>DIYにハマる夫。趣味に合わないモノばかり作られてイライラしてしまう……。市井紗耶香さんが読者のお悩みに回答!

家族・人間関係

 <お悩み相談>DIYにハマる夫。趣味に合わないモノばかり作られてイライラしてしまう……。

2022.09.14

元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答する連載「#本音で話そう」。結婚生活、子育て、人間関係、そして体の悩みなどの相談ごとに市井さんならではの視点でお答えします。今回のお悩みは、ズバリ夫の趣味!皆さんも同じような悩みを抱えてはいませんか?

相談:夫の趣味にイライラします…。

DIYをする男性出典:stock.adobe.com

(東京都・45歳・クミコ)

うちの夫の趣味はDIYです。週末になると木材を買ってきて、動画を見ながらいろんなものを作ります。作ることが楽しいようでご機嫌なのですが、趣味に合わないものばかり作る上に、片付けを最後までやらず困っています。

市井紗耶香さんからの回答は……!

市井紗耶香

妻は休日も朝から育児、家事、自分の仕事とめまぐるしく動いているのに、ここぞとばかり自分の趣味に没頭する夫…いますよね。 
趣味が本気になるのはほどほどに…と思いますが、そのさじ加減はとても難しいものです。

妻の機嫌を損ねないようにと休日返上するパパさんもいますが、その裏にはどこか見返りを求めているのも、うっすら感じ取れます。
(妻はそれだけ敏感です。笑)

あくまでも私の見解ですが、破産しない程度であり、許容範囲内であれば許可することを提案します。

最初から最後まですべてを自分で管理してこそ「趣味」

相談者さんのご主人はDIYが趣味とのことですが、「これを作ったら妻もきっと喜んでくれるはず」と、妻の意見を聞かずに趣味に没頭していないでしょうか。
その通り!ということであれば、それは夫婦喧嘩のもとですよね。

逆に子どもが喜ぶような物や、妻が「あれば助かる」と思える家事のアイテムだった場合は逆に助かるかと思います。

しかし、作ったものの後片付けをしないは論外です。

「片付けられないのならば、家でやらないでほしい」と私だったら伝えます。
(余計な家事負担もかかりますし。)

最近ではDIYを専門としたホームセンターも豊富ですよね。
お店によってはそこで作れるところもあるようです。
家族が反対であれば、そういうところを利用するよう促せば、皆がハッピーかもしれません。

相手を尊重する気持ちも大事!

釣り出典:stock.adobe.com

ちなみに我が家は釣りバカな夫がいますが、そこに関してはノータッチ!
夫が釣りを趣味にしはじめたときは釣れた魚でその日のメニューを考え、それはそれで私も楽しんでいました。
しかし最近は、釣れたor釣れないは関係なく、晩ごはんはこちらで考えて作るようにしたら気持ちがグンと楽になりました。

また、釣れた場合…魚の下処理から調理、片付けまで私は一切、何もしません。
道具も夫が片付けるまでそのまま放置です。
理由は「夫の趣味」だからです。

もちろん料理を振舞ってくれたら
「ありがとう!美味しいね」と、子どもたちと美味しくいただきます。

趣味は人それぞれ。
だからこそ同じ空間で生活するならば、相手を尊重する気持ちも大事です。

趣味の時間がお互いにとって心地よく、リラックスできる時間になると良いですね。

 

Text by Nana Yasuda
Photos by Azusa Hasegawa
Hair&make-up by Manami Takenaka
costume  FRAY I.D


著者

市井紗耶香

市井紗耶香

1983年12月31日。千葉県出身。1998年にモーニング娘。2期メンバーとしてデビュー。 現在は4人の子どもの子育てをしながら、特定非営利活動法人日本ヴィーガン協会の理事を務める。

連載記事

<市井紗耶香の本音で話そう>元モーニング娘。の市井紗耶香さんが読者の悩みに回答!

この連載の記事一覧へ